News:ニュース速報 2001年6月29日 06:08 更新

日本レコード協会,Napsterに邦楽ファイルの削除を要求

 日本レコード協会(RIAJ)は6月29日,音楽ファイル交換サービスの米Napsterに対し,邦楽の楽曲ファイルを削除するよう要求したと発表した。

 米国のNapster訴訟で,「著作権を侵害された音楽ファイルをレコード会社が特定してNapsterに通知した場合,Napster該当ファイルをサーバ上から削除しなければならない」との判決が下されたことに基づき,IFPI(国際レコード産業連盟)とRIAA(アメリカレコード協会)を通じてリストを通知した。

 楽曲リストは9879件。ユニバーサルミュージックとソニー・ミュージックエンタテインメント,ワーナーミュージック・ジャパンの国際メジャー系3社を5718件をRIAA経由で,ビクターエンタテインメント,徳間ジャパンコミュニケーションズ,フォーライフ,バップ,エイベックス,トライエムの6社が提示した4179件はIFPI経由で通知した。RIAJにはレコード会社23社が加盟しており,今回の9社以外も順次削除手続きを開始する予定という。

関連記事
▼ 音楽業界側の主張を認めた控訴審判決――Napsterの今後は?
▼ 解説:Napsterファンが知っておくべき控訴審判決の意味
関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -