News:ニュース速報 2001年8月10日 07:12 PM 更新

130万画素CMOS搭載の“ハイスペック”デジタルカメラが1万2800円

 ニチメンは,低価格デジタルカメラの新製品2機種を8月末に発売する。

 同社とエヌエイチ・ジャパン・ホールディングスは昨年6月に低価格デジタルカメラ「Che-ez!」シリーズを発売。新製品は機能やスペックを重視し,新ブランド「Mach Power」シリーズとして発売する。

 「MPX」は130万画素と高画素なCMOSセンサーを搭載。8MバイトのSDRAMを内蔵するほか,コンパクトフラッシュ(Type I)を利用できる。記録画像サイズは1280×1024/640×512ピクセル(JPEG)の2段階。2倍のデジタルズームも装備するなど,低価格機としては際だったハイスペックぶり。動画(160×120ピクセル)も撮影可能だ。電源は単3形アルカリ乾電池×2本。USBインタフェースやビデオ出力端子も搭載した。サイズは95(幅)×65(高さ)×34(厚さ)ミリ,重さ120グラム(本体)。オープン価格で,実売予想価格は1万2800円。

 「SVX」は取り外し式のストロボを標準装備した。30万画素CMOSセンサーを採用,8MバイトSDRAMを内蔵する。サイズは30(幅)×140(高さ)×30(厚さ)ミリ,重さ60グラム。オープン価格で,実売予想価格は8980円。

関連リンク
▼ 製品情報

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -