News:ニュース速報 2001年10月2日 09:03 PM 更新

青色レーザーを使った次世代型光ディスクレコーダーを各社が参考出展

 CEATEC JAPAN 2001では,ピックアップに青色レーザーを利用した次世代型光ディスクレコーダーが,各社から参考出展されていた。ソニーを中心にした“DVR-Blue陣営”と,松下電器を中心にした“DVD-RAM陣営”の規格対立が今回の参考出展でも目立った。

 ソニーはDVR-Blue規格の光ディスクレコーダーを出展。片面1層記録で約23Gバイトの記録を可能にし,デジタルハイビジョン映像を約2時間,SD画質(長時間モード)ならで約12時間の長時間録画が行える。2年以内に商品化する予定。このDVR-Blue規格では,そのほかパイオニアとシャープが光ディスクレコーダーを出展していた。

 松下電器産業は,2層変化RAMディスクで50Gバイトの大容量を実現したデジタルハイビジョン光ディスクレコーダを参考出展。デジタルハイビジョンの高画質映像を4時間録画できるという。コスト面などで課題が多く「商品化は,3〜4年先」(同社)という。

 この松下方式DVD-RAM陣営ということで,日立,東芝,日本ビクターも同方式の採用を明らかにしている。日立のブースでも,松下と同規格の光ディスクレコーダーを参考出展していた。

関連記事
▼ 特集:CEATEC JAPAN

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -