News:ニュース速報 2001年11月22日 01:42 PM 更新

アキハバラデパート,50年の歴史に幕

 東京・JR秋葉原駅ビルの顔として親しまれてきたアキハバラデパートが2002年1月末で閉店する。同年春には「アキバ系ショッピングセンター」として再スタートするという。

あまりに分かりやすい2文字

 アキハバラデパートは「秋葉原」(千代田区,資本金3億6250万円)が1950年に開店した駅ビル型百貨店だ。3階建てで,1階は食料品・飲食店,2階は雑貨,JR改札口も設けられた3階は服飾品を扱うほか,秋葉原チックな品ぞろえで知られる書店が入っている。閉店するのは2階と3階。11月20日からは売り尽くしセールが始まった。

 外壁には「撤退」の2文字とともにセールを知らせる横断幕が掲げられた。「アキバ系ショッピングセンター」がどのような形態なのかは明らかにされていない。

 秋葉原ではつくばエクスプレス(常磐新線,秋葉原〜つくば市)の2005年度開業に向けて再開発計画が進んでおり,駅前広場の閉鎖などもその一環。地上波デジタル放送用の巨大電波塔の建設計画(その後断念したとの報道もある)などもあり,ユーザーし好の変化とあいまって秋葉原の姿は変わりつつある。

関連記事
▼ 秋葉原に高さ600メートルの「第2東京タ ワー」計画
関連リンク
▼ アキハバラデパート
▼ つくばエクスプレス

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -