News:ニュース速報 2001年12月3日 07:21 PM 更新

ウイルス対策で公共機関のPCにASPサービス導入 可児市

 岐阜県可児市はこのほど,コンピュータウイルス対策として,市役所と市内の小中学校に設置された全PC約2000台にウイルス対策をほどこした。NTT-MEと日本ネットワークアソシエイツが提供するASPサービスを採用した。

 NTT-MEの「ME WAVE ウイルス対策ソリューション」を全端末に導入。日本ネットワークアソシエイツがウイルススキャンを担当する。可児市は市役所や公共施設を結ぶイントラネットを構築しており,イントラネットを通じて全PCのウイルス定義ファイル更新を一元的に行う。このため導入・運用コストが削減できたという。年間コストは約200万円。NTT-MEによると,地方自治体が大規模なASP型ウイルス対策サービスの導入するのは初めて。

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -