News:ニュース速報 2001年12月25日 04:26 PM 更新

DTIとhi-hoが提携 インフラを共有,広告・サポートなど統一

 三菱電機と同社系ISPのドリーム・トレイン・インターネット(DTI),松下電器産業は12月25日,ISP事業で業務提携すると発表した。

 DTIと松下のISP「hi-ho」の強化が狙い。提携では,DTIとhi-hoのバックボーンやネットワークオペレーションセンター,ユーザーサポートなどの運営の共通化を行う。設備投資も共同で行うことでコスト削減につなげる。まずDTIが構築した東京-大阪間のバックボーンやサポートセンターを2002年度上半期から相互運用する。

 またコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)を相互活用し,現在はhi-hoのADSL接続会員限定で実施している「ブロードバンド試写会」などをDTI会員も利用できるようにする。コンテンツの共同開発・購入も行う。広告スペースやメールマガジンなどの広告も統一。IPv6やVoIPなど次世代技術・サービスも共同で研究開発を進める。

 ISP事業をめぐっては,競争の激化で接続料金が低下する一方,次世代サービス対応で投資負担も増えている。DTIとhi-hoは,インフラなどの共有化で投資効率を高め,強みを持ち合うことで大手ISPに対抗する。

関連リンク
▼ 三菱電機
▼ DTI
▼ 松下電器産業
▼ hi-ho

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -