News:ニュース速報 2002年1月29日 07:25 PM 更新

IBMのUSBメモリにウイルス混入の可能性

 日本アイ・ビー・エムはこのほど,同社の「IBM 32MB USBメモリー・キー」の一部製品にウイルスが混入していることを明らかにした。「実害はない」としているが,該当製品のユーザー向けに駆除ユーティリティを公開した。


 同製品はUSBポートに直付けできるフラッシュメモリモジュール。対象となるのは32Mバイトモデル(22P5296/46P6768)のうち,梱包箱のラベルに記入された日付が「Date: 2001Dec21」より前のものか,シリアルナンバーが「2320000」より前の製品。その場合,ブートセクタ感染型ウイルス「wyx」が混入している可能性があるという。

 同ウイルスはHDDやFDDなどのブートセクタに感染するタイプ。日本IBMは「wyxは破壊活動は行わないことを確認している。メモリー・キーから直接PCを起動した場合のみ感染するが,IBM PCはメモリー・キーからブートできるようには設計されておらず,wyxが活動状態になることはない」としている。

関連リンク
▼ 日本IBMの告知

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -