News:ニュース速報 2002年3月25日 02:38 PM 更新

三洋とテムザックが4足歩行型ロボを開発,来年度量産へ

 三洋電機とテムザックは3月25日,4足歩行型ロボットを共同開発したと発表した。家庭内のセキュリティー監視などの用途を想定し,携帯電話などを使ってリモートコントロールが可能だ。


カメのようなTYPE1

 新ロボットは動歩行タイプ「T7S TYPE2」と,静歩行タイプ「T7S TYPE1」の2種類。TYPE2は最大分速35メートルの移動が可能。携帯電話を使い,ロボットを遠隔地から音声で操作することができる。デザインは「近未来SF的」というメタリックな外観だ。電源はニッケル水素充電池。3月28日に開幕する「ROBODEX2002」(パシフィコ横浜)で公開する。


TYPE2はアリクイのよう

 テムザックはロボット開発を手がけるベンチャー。三洋は,得意の2次電池事業の拡大を図れるロボット事業に着目。2年前から共同開発を進めてきた。両社によると,実用化を視野に入れた4足歩行ロボットは日本初。三洋は2003年度から年間2000台規模で新ロボットの量産を開始。2004年度には10億円の売上を見込む。

 ロボットの主な仕様は以下の通り。

名称T7S TYPE2T7S TYPE1
タイプ動歩行静歩行
サイズ750(長さ)×380(幅)×700(高さ)ミリ1000(長さ)×470(幅)×500(高さ)ミリ
重さ約40キロ約35キロ
歩行速度分速約35メートル分速約25メートル
歩行機能(目標値)平地における動力学的歩行 平地歩行および段差(100mm)乗り越え
バッテリーニッケル水素電池(20HR-D,7000mAh)
充電時間4時間30分

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -