News:ニュース速報 2002年4月12日 07:20 PM 更新

クリエイティブ,高音質な携帯スピーカーを発売

 クリエイティブメディアは,アンプ内蔵の携帯型スピーカーなどスピーカー3機種を4月下旬に発売する。オープン価格。

 新製品は,「Creative TravelSound」(実売予想価格1万2800円前後),5.1ch対応のアンプ/スピーカーシステム「Creative Inspire 5.1 Digital 5600」(同2万9800円前後),普及モデル「Creative Inspire 2.0 1300」(同4980円前後)。


 「TravelSound」は,軽量設計のチタンドライバとデジタルアンプを搭載した高音質なポータブルスピーカー。154(幅)×65(高さ)×50(奥行き)ミリ,重さ300グラムと小型・軽量ながら最大出力2ワット+2ワットで再生できる。

 ワンチップデジタルアンプの採用と軽量化による駆動効率の向上で電力消費を抑え,単4形乾電池×4本で最大35時間(10ミリワット出力時)の駆動が可能という。折りたたんで持ち運べ,携帯キャリーポーチも付属する。


 「Inspire 5.1 Digital 5600」は,DTS/ドルビーデジタル/ドルビープロロジックなどに対応したデコーダ内蔵の5.1chアンプとスピーカーのセット。2001年11月に発売した「Inspire 5.1 Digital 5700」の下位機種。

 サブウーファーに5700よりもワンサイズ小さいタイプを採用,センタースピーカーもフロント/リアスピーカーと同じタイプに変更し,省スペース化を実現した。

 光デジタル/同軸デジタル/デジタルDINといったデジタルインタフェースを装備,DVDプレーヤーなど各種デジタル機器と接続できる。また,同社の「Sound Blaster Audigy/Sound Blaster Live! 5.1」シリーズと組み合わせて,PC上でのDVD再生やEAX/DirectSound 3D対応ゲームが5.1chサラウンドで利用できる。

 また独自の「CMSS」(Creative Multi-Speaker Surround)技術によって,アナログステレオ信号を5.1chサラウンドで再生する機能も搭載している。

 センターチャンネルの最大出力は18ワット,フロント/リアは6ワット,サブウーファーは24ワット。サイズは,フロント/センター/リアスピーカーが96(幅)×112(奥行き)×92(高さ)ミリ,重さは各500グラム。サブウーファーは,220(幅)×222(奥行き)×250(高さ)ミリ,重さ3.6キログラム。デコーダーアンプは,75(幅)×170(奥行き)×250(高さ)ミリ,重さ1.2キログラム。


 「Inspire 2.0 1300」は防磁スピーカーユニットとアンプを木製エンクロージャーに収容。普及モデルながら高級感を出した。2系統のアナログ入力端子(ピンジャック/ステレオミニジャック)を備えており,PCやデジタルオーディオプレーヤーなどに接続できる。また,低音域の広がりを高めながら,音響の乱れを低減させる「サイドフレアベント」が採用されている。

 出力は5ワット+5ワット。サイズは,左スピーカーが99(幅)×211(高さ)×131(奥行き)ミリ,右スピーカーが99(幅)×211(高さ)×149(奥行き)ミリ。重さは,左900グラム,右1キログラム。

関連記事
▼ クリエイティブ,DTSデコーダ内蔵5.1ch対応アンプ/スピーカーシステムを発売

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -