News:ニュース速報 2002年5月8日 02:18 PM 更新

ファイルローグ,15日でサービス停止

 カナダFile Rogueは5月8日までに,ファイル交換サービス「ファイルローグ」を5月15日で停止することを決め,ユーザーに通知した。実質的な運営元の日本MMOが東京地裁の仮処分命令を受けてサービスを一時停止しており,再開のめどが立たないためと見られる。


 「File Rogue Team」名によるユーザー宛メールによると,仮処分命令を受けて日本MMOがサービスを一時停止しており,ファイルローグを継続することができなくなったと説明。「2年間の支持に感謝したい」として5月15日でサービスを停止するとした。

 またメールでは,ファイルローグ技術をベースにした新たなサービスの準備を進めていることを明らかにした。向こう数週間以内に商用サービスを開始するという。

 これは,日本MMOの松田道人社長が話していた「DropBox Express」と呼ばれるサービスのこと。現在,ベータ版が試験運用されている。利用者は,DropBoxのサーバにファイルをアップロードし,送り先のメールアドレスを指定。メールを受け取ったユーザーは,そのサーバからファイルをダウンロードすることができる。「ネット上のバイク便のようなもの。標準で10Mバイトまでのファイルをアップロードできるので,電子メールの添付代わりに使ってもらいたい」(松田社長)。

 なお,ファイルをアップロードするには会員登録が必要(料金体系には,ファイルのアップロードごとに課金される従量課金制とファイルを無制限にアップできる月額料金制の2種類がある)。松田社長によれば,国内では8月にはDropBoxサービスを開始したいという。

 ファイルローグは国内では2001年11月にスタート。これに対し日本レコード協会とレコード会社19社,日本音楽著作権協会が市販CDから作成したMP3ファイルの排除を求める仮処分を申し立て,4月に東京地裁がこれを認める命令を日本MMOに出した。日本MMOは「市販CDから作成したMP3ファイルだけをサービスから排除することは不可能」として4月16日でサービスを「一時停止」していた。

関連記事
▼ ファイル交換サービス「ファイルローグ」ベータ版公開スタート
▼ 「ファイルローグ」にMP3交換差し止め命令

関連リンク
▼ ファイルローグ
▼ File Rogue

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -