News:ニュース速報 2002年5月9日 07:26 PM 更新

ドムにドラえもん――「2002東京おもちゃショー」

 お台場・東京ビッグサイトで5月11日より,「2002東京おもちゃショー」が開催される。国内外から167社が参加し,「キミの欲しいおもちゃ大集合」をキャッチコピーに夏から秋にかけての新製品を多数出展する。入場料は1000円で,開場時間は午前9時〜午後5時までだ。


 開幕に先駆け,9日には報道関係者向けにおもちゃショーの展示会場が公開された。玩具業界が成長に期待を寄せるハイテク玩具分野に注目だ。まず,コナミは赤外線で操作する小型8ビットCPU搭載玩具「MICRO IR」シリーズの最新作として,「デジキューフォーミュラ」を発表した。


デジキューフォーミュラは実車の1/43スケール。操作性,最高速度で従来のデジキューを大きく上回るという


コナミブースにはF1パイロットの佐藤琢磨選手のポスターとともに,ジョーダンのF1マシンを展示し,デジキューフォーミュラをアピール

 バンダイは2足歩行ロボット「RC TECH ROIDE」シリーズの第2弾として,「ドム」を開発中であることを明らかにした。同社ブースでは実際にデモンストレーションも披露されている。2002年末発売予定で,価格は2万9000円だという。


ドムは2足歩行ではなく,足の裏のタイヤを使って「ホバークラフト」(バンダイ)する。移動速度は「ザクの10倍は速い」という。

 さらにバンダイは,おもちゃショーの会場で2010年までに本物のドラえもんを開発する「リアル ドリーム ドラえもん プロジェクト」の発動を発表した。バンダイだけでなく,ロボット研究者や画像・音声認識などの要素技術を開発する企業とタッグを組み,2010年に「論理的思考型人工知能を搭載する自己進化型ロボット」を開発する計画だ。


現在,第1ステップとして単機能のドラえもんを開発中で,2006年にセンシング機能を強化したドラえもんを開発する。リアルドラえもんは第3ステップという位置付け

 また,携帯電話を利用した玩具も注目を集めそう。バンダイは自分の携帯電話番号やメールアドレスを簡単に交換できる「ナンバーショット」や,赤外線通信(IrMC)とJavaアプリケーションを使って会話できるコミュニケーションペット「Mobile-Cute」を参考出展している。


自分のプロフィール(携帯電話番号やメールアドレスなど)を登録し,ナンバーショットを相手の携帯電話に接続すると,自動的にプロフィールが相手の携帯電話にダウンロードされる。また同時に,接続した人の携帯電話番号がナンバーショットの持ち主に送られる仕組みになっている


可愛らしいペットとメールがやり取りできる「Mobile-Cute」。それぞれ固有のIDを持っており,購入したら専用のiモードサイトで登録を行い,通信用のアプリケーションをダウンロードする。発売は10月の予定だ

 このほか,セガトイズは本物の触り心地を実現した猫型ペットロボット「夢ねこ」(仮)や,赤外線通信で会話するイヌ型ペットロボット「ドリームペット」を参考出品している。


毛並みは本物の猫のようだ。もちろん,あごの下をなでてやると“ごろごろ”と喜ぶ。歩いたりはしない


ドリームペットは歩く。「ワンワン」と吠えるかと思えば,「おなかすいた」など人間の言葉も話せるという。さらに,2匹向かい合わせると,赤外線センサーで相手を感知し,会話を始める機能も付いている

関連リンク
▼ 2002東京おもちゃショー公式ページ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -