検索
ニュース

冬コミ中止 2020年はコミケが全く行われない事態に

コミックマーケット準備会が、2020年冬に開催を予定していた「コミックマーケット99」の中止を発表した。コロナ禍でイベント開催に制限がかかることや、五輪延期によって一部会場が使用できなくなったことから開催困難と判断した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 コミックマーケット準備会は7月12日、2020年冬に開催を予定していた「コミックマーケット99」(冬コミ)を2021年ゴールデンウイークに延期すると発表した。コロナ禍でイベント開催に制限がかかることや、東京五輪・パラリンピック延期によって一部会場が使用できなくなったことから冬の開催は困難と判断した。

【修正:2020年7月12日午後7時40分 事実に基づき一部表現を修正しました】

 同準備会は、5月に開催予定だったコミックマーケット98についても、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から3月に中止を決定。2020年にコミケが全く行われない事態となった。

 「参加人数や日程の制約、その他(東京ビッグサイトの)『対応指針』に規定されている開催に当たっての各種の条件、新型コロナウイルス感染症の流行状況などを考慮し、いかなる形であればコミックマーケットを開催することができるのか、開催形態の大幅な変更を含め、さまざまな検討を続けてきた」と同準備会。

 しかし、東京五輪・パラリンピックの開催延期に伴い、冬コミでの利用を予定していた東京ビッグサイト東展示棟が使用できなくなったことや、感染症対策を講じたとしても参加者が満足できない開催となる懸念があることから、「苦渋の決断」に至ったという。


中止の判断に至った経緯

 今後の運営資金については「コミックマーケット98カタログ冊子版のご購入や、コミックマーケット98当選サークルによる参加費の繰越・寄付のお申出などのありがたいご協力に加え、金融機関からの特別貸付制度を利用した借入れなどの資金調達も進めており、直ちにコミックマーケットの運営が立ちゆかない状況ではない」としつつも「今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、あらためて皆さんに幅広いご支援をお願いすることがあるかもしれない」とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る