検索
ニュース

PDFをスマホ画面向けに“再構成” Adobe Acrobat Readerに「リキッドモード」登場

PDF閲覧アプリ「Adobe Acrobat Reader」のスマートフォン版(iOS/Android、無料)に、PDFの構造を画面サイズに応じて再構成する機能「リキッドモード」が登場。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 米Adobeは9月23日(米国時間)、PDF閲覧アプリ「Adobe Acrobat Reader」のスマートフォン版(iOS/Android、無料)に、PDFの構造を画面サイズに応じて再構成する機能「リキッドモード」を搭載したと発表した。


PDFの構造を画面サイズに応じて再構成する機能「リキッドモード」

 リキッドモードでは、同社のAIである「Adobe Sensei」を使ってPDFの構造を解析。見出し、段落、画像、表などPDF内の部品を分類し、スマートフォンの画面で読みやすいように構造を再構成する。文字サイズや画像の並びなどが最適化され、スマホ向けWebサイトのように下にスクロールしていくだけでPDFの内容を読めるようになる。文字サイズや行間の広さは後から調整できる。


スマホの画面ではズームしないと読みにくいPDFを……

Adobe Senseiが再構成。下にスクロールしていくだけで内容を読めるように

文字サイズなどは後から調整できる

 一般的なPDFはA4サイズの紙に印刷することなどを想定しているため、スマートフォンの画面で読むには適宜拡大する必要がある。同社が調査したところ、こうした読書体験でイライラしたことがある米国人は65%に上るという。

 同社はこの機能を、デスクトップ版やWebブラウザ版にも今後導入するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る