ニュース
» 2004年09月02日 18時06分 公開

オウルテック、ミドルタワーケースと拡張スロット用システムクーラー発売

オウルテックは、400ワット静音電源搭載ATXミドルタワーケースE-ATXマザー対応ミドルタワーケース、および拡張スロット用システムクーラーを9月上旬より順次発売する。

[ITmedia]

 オウルテックは、400ワット静音電源を搭載したATXミドルタワーケース「OWL-PCR7」、E-ATXマザーも搭載可能なATXミドルタワーケース「OWL-602DW/N」、および拡張スロット用システムクーラー「Exhauster」を9月上旬より順次発売する。価格はいずれもオープン。

400ワット静音電源を搭載した「OWL-PCR7」(左)と、E-ATXマザーまでに対応する「OWL-602DW/N」(右)

 OWL-PCR7はPrescott Pentium 4(Socket 478)対応で、自動可変速12センチファンを搭載したSIRTEC製400ワット静音電源、12センチ静音リアケースファン、パッシブダクトを搭載する。

 ベイ数は、5.25インチ×4、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×6。フロントパネルにはUSB2.0×2、IEEE1394、ヘッドフォン、マイクの各端子を装備し、9または12センチのフロントケースファンも搭載できる。

 サイズは200(幅)×470(奥行き)×437(高さ)ミリ、重量は8.7キロ。発売は9月上旬、予想実売価格は1万4900円。

 OWL-602DW/Nは、204(幅)×540(奥行き)×540(高さ)ミリとOWL-PCR7よりも一回り大きく、E-ATXマザーまでに対応する。ベイ数は、5.25インチ×4、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×6。5.25インチベイはネジレスのスライドレール式、3.5インチシャドウベイは横向きになっているため、ドライブの着脱が容易だ。

 リアに12センチケースファンを搭載しているほか、サイドパネルに最大5個の9センチファンを増設することも可能。フロントパネルには、USB2.0×2、IEEE1394、ヘッドフォン、マイクの各端子を装備する。電源ユニットは非搭載。

 フロントパネルがブラックの「OWL-602DW(B)/N」とシルバーの「OWL-602DW(SV)/N」の2モデルがあり、予想実売価格は両モデルとも1万6480円。発売は9月中旬。

拡張スロット用システムクーラー「Exhauster」

 Exhausterは、PCケース背面の拡張スロットに装着するタイプのシステムクーラー。ファン回転数は2500rpm、エアフローは31.73CFMで、グラフィックスカードの排熱に最適だという。発売は9月上旬、予想実売価格は1050円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう