ニュース
» 2004年09月09日 20時39分 公開

CMにヨン様起用――ソニー、新サイバーショット3機種を発表 (1/2)

ソニーマーケティングは9月9日、都内で発表会を開催し、昨年発売されたサイバーショット「DSC-T1」の後継モデル「DSC-T3」、ハイエンドモデルの「DSC-V3」、小型でスタイリッシュな「DSC-L1」の3機種を発表した。なお、DSC-L1のCMにはペ・ヨンジュンを起用する。

[今藤弘一,ITmedia]

 ソニーマーケティングは9月9日、都内で発表会を開催し、昨年発売されたサイバーショット「DSC-T1」の後継モデル「DSC-T3」ハイエンドモデルの「DSC-V3」、小型でスタイリッシュな「DSC-L1」の3機種を発表した。

今回発表された新モデル

スライドカバーからオートレンズカバーへ。クリアフォト液晶を搭載した「DSC-T3」

 「DSC-T3」は、昨年発表された「DSC-T1」の後継モデル。スリムタイプの外観は変わらないが、23万ドットの「クリアフォト液晶」を搭載し、コントラストを従来機比で2.5倍、透過型液晶比10倍を実現。屋外での視認性を向上させた。

DSC-T3。シルバーとブラックの2モデルが用意される

 有効画素数510万画素の1/2.4インチ「Super HAD CCD」やカール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズを搭載している点は変わらないが、CIPA規格での標準撮影枚数が170枚から180枚へと若干だが向上した。

DSC-T1(左)とDSC-T3(右)。スライド式レンズカバーが異なっているほか、DSC-T3のほうが角が丸くなっている
メニューの内容はほぼ変わらないが、「スピード連写」を「高速連写」に変えるなど、分かりやすくしたという

 なお、本体には相変わらず三脚穴が用意されていないが、クレードルに三脚穴を設けて対応したとのこと。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後(税込み)。10月15日から発売予定。主なスペックは以下の通り。

機種名 DSC-T3
撮像素子 1/2.4インチ正方画素原色フィルター「Super HAD CCD」
画素数(総画素数/有効画素数) 530万/510万画素
レンズ カール ツァイス「バリオ・テッサー」、光学3倍ズーム、F3.5-4.4、f=6.7-20.1ミリ(35ミリ換算:38-114ミリ)
AF合焦距離 AF:W 0.5メートル〜∞、T 0.5メートル〜∞、マクロAF:W 0.08メートル〜∞、T 0.25メートル〜∞、拡大鏡モード:W 0.01メートル〜0.2メートル
シャッタースピード オート(1/8〜1/1000秒)、プログラムオート(1-1/1000秒)、高速シャッター(1/250〜1/1000秒)
液晶モニタ 2.5インチTFTハイブリッド液晶23.0万(クリアフォト液晶)
記録媒体 メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO デュオ
記録フォーマット 静止画:JPEG、動画:MPEG-1
起動時間 約1.3秒
記録サイズ 静止画:2592×1944/2048×1536/1280×960/640×480(VGA)/2592×1728(3:2モード)ピクセル、動画:640×480ピクセル 30fps、640×480 16.6fps、160×112 8.3fps
電源 インフォリチウム「NP-FT1」
サイズ 91(幅)×60(高さ)×17.8(奥行き)ミリ
撮影時重量 約171グラム

マニュアル撮影機能も充実した700万画素機「DSC-V3」

 「DSC-V3」は有効画素数720万画素Super HAD CCDを採用したハイエンドモデル。光学4倍ズームを持つカール ツァイス「バリオ・ゾナー」レンズを搭載する。

DSC-V3

 DSC-V3の特徴は多彩な撮影機能。シャッタースピード優先や絞り優先モードのほか、マニュアル撮影にも対応。RAWデータでの記録も可能だ。通常の撮影モードに加えて、ナイトショット機能も搭載する。CIPA規格で約300枚の撮影ができるなど、バッテリーの持ちも考えられている。

DSC-V3上部。右のモードダイヤルで撮影モードを変更。電源ボタンのほかにナイトショット用のボタンも用意される。モードダイヤル下にジョグダイヤルも用意されており、こちらでシャッタースピード、絞り値などの変更が可能だ
DSC-V3背面。液晶モニタは2.5インチ
メモリースティックのほかコンパクトフラッシュ(CF)も利用できる
別売のアクセサリーは、テレコン/ワイコンといったコンバージョンレンズのほか、リングライトも発売される

 DSC-V3は11月5日発売で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は8万円前後(税込み)。主なスペックは以下の通り。

機種名 DSC-V3
撮像素子 1/1.8インチ正方画素原色フィルター「Super HAD CCD」
画素数(総画素数/有効画素数) 740万/720万画素
レンズ カール ツァイス「バリオ・テッサー」、光学4倍ズーム、F2.8-4、f=7-28ミリ(35ミリ換算:34-136ミリ)
AF合焦距離 AF:0.5メートル〜∞、マクロAF:W 0.1メートル〜∞、T 0.4メートル〜∞
シャッタースピード オート(1/8〜1/2000秒)、プログラムオート(1-1/2000秒)、シャッター優先(30-1/1000秒)、マニュアル(30-1/1000秒)
液晶モニタ 2.5インチTFT液晶12.3万
記録媒体 メモリースティック、メモリースティック PRO、メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO デュオ、コンパクトフラッシュType I
記録フォーマット 静止画:JPEG、動画:MPEG-1
起動時間 約2.8秒
記録サイズ 静止画:3072×2304/2592×1944/2048×1536/1280×960/640×480(VGA)/3072×2048(3:2モード)ピクセル、動画:640×480ピクセル 30fps、640×480 16.6fps、160×112 8.3fps
電源 インフォリチウム「NP-FR1」
サイズ 119.8(幅)×72(高さ)×63(奥行き)ミリ
撮影時重量 約410グラム

カラバリを用意した小型でスタイリッシュなモデル「DSC-L1」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう