Special
» 2005年05月31日 19時00分 公開

ITmedia流液晶ディスプレイ講座:第1回:光沢液晶 vs. ノングレア液晶──それぞれのメリット/デメリットを理解しよう (2/2)

[林利明(リアクション),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 偏光フィルタのグレア処理(光沢液晶)は、表面がノングレア液晶のような凹凸ではなく、平滑になっている。液晶パネルのバックライトからの光が忠実に通り抜けてユーザーの目に届くため、コントラストの向上と発色の鮮やかさを生み出しているわけだ。しかし、偏光フィルタの表面で外光もきれいに反射するため、それが映り込みとなって現れる。

 光沢液晶でも、外光反射を低減するARコートという工夫が施されている。ARコートは、特定の波長を吸収することで外光の反射を減らす。吸収する波長の範囲を広げれば(多層ARコート)それだけ外光反射を抑制できるが、コスト高と輝度低下につながってしまう。この当たりのさじ加減も、ノングレア処理の凹凸と同じように、デバイスメーカーの重要なノウハウだ。

光沢液晶の表面構造。表面の平滑性が高いため、反射低減処理を施していても映り込みが大きくなってしまう

表面処理で「色域」や「階調性」に差が付くのか

 「色」の見え方は、環境光(周囲の光)と人間の視覚(目の錯覚)によって大きく左右される。日頃使っているディスプレイでも、部屋の明かりを点けたり消したりしてみれば一目瞭然だろう。目の錯覚による色の見え方の違いについては、PCのデスクトップ中央にデジカメ写真を小さめに表示したままデスクトップ背景色を変えてみるとよく分かる(余談だが、色を正しく判断するためには、背景を50%グレーに設定する)。

 以上を踏まえて光沢液晶とノングレア液晶を比較すると、先述したノングレア液晶の外光の乱反射と「白っぽさ」が人間の視覚に影響を及ぼしていることが分かる。特に低輝度部分(シャドウ寄り)において、外光とバックライト光の乱反射が階調性を損ねているのは事実だ。高彩度領域においても、ノングレア液晶の「白っぽさ」が視覚的な彩度低下を招いている点も否めない。

 ちなみに、液晶ディスプレイ本来の色域や階調性に関しては、ナナオなどのメーカーは基本的に暗室で測定している。それによると、外光がまったくない状態で光沢液晶とノングレア液晶を比較すると、色域や階調性にはほとんど差がないそうだ。

光沢液晶とノングレア液晶、あなたならどっちを選ぶ?

 結局ありきたりな結論になってしまうのだが、光沢液晶を選ぶか、ノングレア液晶を選ぶかは、ユーザー自身の用途次第だ。静止画や映像の鑑賞が多い人は、光沢液晶のほうが満足度が高いだろう。目が疲れやすいという弱点はあるものの、集中力は静止画や映像コンテンツに向かうため、外光の映り込みは思うほど気にならない。

 逆に、インターネット用途やビジネスアプリケーション、静止画や動画の編集などには、ノングレア液晶が向いている。こうした用途では、目と集中力は画面上の比較的狭い範囲に注がれるので、光沢液晶だと映り込みが気になって集中力が削がれてしまうからだ。もちろん目の疲れ具合にも、かなりの差がある。

 筆者はメーカー製PCや単独の液晶ディスプレイを試用する機会が多いのだが、比較的ラフな姿勢でリラックスしながら画面を見る場合は、光沢液晶のほうが確かに美しく見える。しかし、何らかの「作業」を始めると、光沢液晶はやたらと「ギラギラ」しているように感じてしまう。

 1つ注意してもらいたいのは、ショップの店頭で光沢液晶とノングレア液晶を見比べるときだ。ショップの店頭では、明るい照明の下で複数の液晶ディスプレイが並んでいるケースが多いだろう。

 このような条件下では、光沢液晶がとてもキレイに見えるのだ。ノングレア液晶はどうしても発色が地味で、鮮やかさに欠けるという感覚を持ちやすい。液晶パネルの輝度とコントラスト比、ショップの展示の仕方なども影響するが、一般的な家庭の環境光はショップよりはるかに控え目だ。

 液晶ディスプレイを比較する場合はこうした点も踏まえつつ、設置する場所やもっとも長時間ながめる画面、もっとも高い頻度で表示する画面などにも思いを巡らしながら選んでほしい。


 次回は「輝度」と「コントラスト比」を解説する予定だ。どちらも高いほうが良いのか、それともある程度以上なら十分なのかを、技術的な見地も交えて探ってみたい。