2011年07月20日 16時44分 更新

TOP STORY

PC販売ランキング(2011年7月4日〜7月10日):

icon デスクトップPC、現在の売れ筋は「地デジ搭載」か「iMac」

PCは、2011年夏商戦向けの新モデルが順当にランクイン。デスクトップPCは液晶一体型の地デジ搭載モデルが売れ筋となっている【2011年7月第2週版】 (7/19 17:00)


新着記事一覧

ボクら的に主役はこちら:

正式発表前の「ThinkPad Tablet」「IdeaPad Tablet K1」を初公開 news072.jpg

レノボ・ジャパンは、中田英寿氏を起用するブランドキャンペーンに関する説明会を行い、同社が投入予定で正式発表前のタブレットデバイスが紹介された。 (7/19 16:32)


パソコン工房、17型ワイド液晶/GeForce GTX 580M搭載ハイスペックノート news047.jpg

ユニットコムは、17型ワイド液晶を装備したBTO対応ハイエンドノート「Lesance BTO CLG732 TYPE-GX」「同-GXR」を発表した。 (7/19 14:18)


Atom搭載Androidも──KOUZIRO、分離キーボード仕様の10.1型タブレット2モデル news002.jpg

KOUZIROが“分離キーボード”仕様の10.1型タブレットを投入。Android 2.2とWindows 7搭載モデルを用意し、主に業務シーン向けのモデルとして展開する。 (7/18 09:00)


理由は一部部品の見直し:

ソニー、「VAIO Z」2011年夏モデルの発売を延期 news042.jpg

ソニーが「VAIO Z」2011年夏モデルの発売を延期した。当初は7月30日の発売予定だったが、8月13日に変更する。 (7/15 13:15)


よく見ると似てないね:

エレガントなデザインを身にまとった15型クラス最薄ノート――デル「XPS 15z」 news034.jpg

デルの「XPS 15z」は、アルミの外装を採用したデザイン重視の意欲作だ。フルHD液晶に第2世代のCore i7、さらに外部GPUとしてGeForce GT 525Mを搭載しながら12万9980円という高いコストパフォーマンスを実現した「プラチナパッケージ」を見ていこう。 (7/15 12:06)


ドスパラ、ゲーミングノート「Prime Note Galleria」にGeForce GTX 560M搭載モデル news033.jpg

サードウェーブは、Core i7/GeForce GTX 560Mを標準搭載したハイスペックゲーミングノートPC「Prime Note Galleria QF560」を発売する。 (7/15 11:56)


富士通、延期していた「FMV LIFEBOOK TH40/D」の発売を7月22日に決定 news085.jpg

発売延期となっていた富士通の10.1型ワイド液晶搭載タブレットPC、「FMV LIFEBOOK TH40/D」が2011年7月22日に発売される。 (7/14 18:00)


最先端“Z”を集中テスト:

ハイエンドモバイルの破壊と創造、そして――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(後編) news080.jpg

伝統を打ち破り、ソニーのハイエンドモバイルはどこへ向かうのか。レビュー後編は、ドックの有無による性能の違いを中心として、真の実力を明らかにしていく。 (7/12 17:30)


ソニー、新型リチウムイオン二次電池「Nexelion(ネクセリオン)」を開発 news071.jpg

ソニーは、ノートPC市場向けに「スズ系アモルファス負極」を採用した、3.5アンペアアワーの高容量リチウムイオン二次電池「Nexelion(ネクセリオン)」を2011年中に発売する。 (7/12 16:58)


パソコン工房、“3D Vision”対応のハイスペックノート3製品を発売 news062.jpg

ユニットコムは、パソコン工房ブランドモデルのハイスペックノートPC「Lesance BTO CLG730N3DEX TYPE-GXRR」など3製品の取り扱いを開始した。 (7/12 16:20)


PC販売ランキング(2011年6月27日〜7月3日):

現在のプッシュ商材にて意外な値引きも──「地デジ搭載PC」を買うならどれ? news078.jpg

PCの販売状況は夏の新モデルが順当に上位にランクインするようになり、“地デジ”モデルも順調なようだ。【2011年7月第1週版】 (7/11 17:00)


東芝がノートPC“節電ツール”を提供開始、夏モデル全機種対応に news123.jpg

東芝は「東芝ピークシフトコントロール」の無償提供を開始した。「dynabook Qosmio T551」「dynabook T551」「dynabook T351」で利用できる。 (7/8 22:51)


G-Tune、15.6型ワイド液晶搭載ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i740」 news017.jpg

マウスコンピューターは、G-TuneブランドモデルとなるCore i7対応BTOゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i740」など2モデルの販売を開始する。 (7/8 15:01)


Core i5×Radeon HD 6730M:

デスクトップPCのリプレースに最適――8万円を切るハイパフォーマンスノートPC「LuvBook R400X2」 news083.jpg

マウスコンピューターの「LuvBook」シリーズは、デスクトップPC代わりに使える十分な性能を持ちながら、購入しやすい価格を実現したA4フルサイズノートだ。今回、グラフィックスに「AMD Radeon HD 6730M」を搭載した「LuvBook R」シリーズが投入されたので紹介しよう。 (7/7 17:49)


このノートPCは事件だ:

“光”がもたらすハイエンドモバイル革命――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(前編) news013.jpg

こんな“Z”を誰が予測できただろうか? 斬新すぎる“ドック”スタイルに驚きつつも、とにかく新しいVAIOのハイエンドモバイルノートをこってり実力診断していこう。 (7/7 11:00)


完全分解×開発秘話:

なぜ薄型軽量ノートPC+ドックなのか?――新生「VAIO Z」を丸裸にする news014.jpg

究極を目指したオールインワンモバイルから、2ピース構成の新システムに路線変更した「VAIO Z」。大胆な変更の理由を開発者に聞きつつ、こだわり抜いた内部構造に迫る。 (7/5 13:15)


東芝、21.5型ワイド液晶一体型デスクトップ「dynabook Qosmio D711」のWebオリジナルモデルを発売 news018.jpg

東芝は、Web直販オリジナルモデルとなる液晶一体型デスクトップ「dynabook Qosmio D711/WTTCB」など2製品を発表した。 (7/5 11:01)


やっと日本でも買える!:

Core i3にFusion APUと多彩な構成を用意──「ThinkPad X121e」 news037.jpg

レノボ・ジャパンは、11.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「ThinkPad X121e」を発表した。日本で初となるAMDのFusion APU採用のThinkPadも登場する。 (7/5 11:00)


2011年PC夏モデル:

1.15キロ/16.65ミリ厚の本体+ドック構成で復活した最上位モバイルノート――「VAIO Z」 news013.jpg

ソニーのハイエンドモバイルノートPC「VAIO Z」が復活を遂げた。外部GPUや光学ドライブを外付けのドックとして分離し、ノートPC本体の薄型化・軽量化を追求している。 (7/5 10:00)


まずはNECユーザーのサポート無償化から:

「開発、ブランド、ラインアップ、販売体制は現状維持」──NEC レノボ・ジャパングループ発足説明会 news107.jpg

レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータは、7月4日に、両社グループ発足の説明会を行った。それぞれのPCラインアップは現状維持が確認された。 (7/4 21:10)


PC販売ランキング(2011年6月20日〜6月26日):

PC夏商戦本格化、デスクトップPCは「地デジPC 対 iMac」の争い news061.jpg

PC夏商戦が本格化し、ランクインするモデルもほとんどが夏の新モデルでしめられた。中でも売れ筋は?【2011年6月第4週版】 (7/4 17:00)


やっぱりここは特撮モノっぽくいこうか:

激闘! 巨大化したゲーミングノートPC「Alienware M18x」に勝利せよ!! news083.jpg

AlienwareのゲーミングノートPCが巨大化した! 特撮戦隊モノで悪役が繰り出す定番の奥の手か!! 地球はどうなる!!! 敵を知れば危うからず!!!! (7/4 16:30)


Windowsであることが重要なのだよ:

“キミに使いこなせるか?”と挑まれている……ようだ──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(後編) news003.jpg

小さすぎる、遅いのでは……「確かに」そうだ。ただ、それは使い方によってかなり補える、と思う。後編では利用シーンを考察しつつ、ソフトウェアとパフォーマンスをチェックする。 (7/2 13:00)


重量218グラムの世界最小PC:

解き放てっ、“LOOX”愛──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(前編) news068.jpg

重量200グラム台の通信機能付きポータブルデバイスといえば、iPhoneやAndroidスマートフォン……だけじゃない。実はWindows 7もそうだ。発売前のWindows 7 ケータイ F-07CをPC的にチェックする。 (7/1 16:00)



レビュー

よく見ると似てないね:

エレガントなデザインを身にまとった15型クラス最薄ノート――デル「XPS 15z」 news034.jpg

デルの「XPS 15z」は、アルミの外装を採用したデザイン重視の意欲作だ。フルHD液晶に第2世代のCore i7、さらに外部GPUとしてGeForce GT 525Mを搭載しながら12万9980円という高いコストパフォーマンスを実現した「プラチナパッケージ」を見ていこう。 (7/15 12:06)


最先端“Z”を集中テスト:

ハイエンドモバイルの破壊と創造、そして――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(後編) news080.jpg

伝統を打ち破り、ソニーのハイエンドモバイルはどこへ向かうのか。レビュー後編は、ドックの有無による性能の違いを中心として、真の実力を明らかにしていく。 (7/12 17:30)


Core i5×Radeon HD 6730M:

デスクトップPCのリプレースに最適――8万円を切るハイパフォーマンスノートPC「LuvBook R400X2」 news083.jpg

マウスコンピューターの「LuvBook」シリーズは、デスクトップPC代わりに使える十分な性能を持ちながら、購入しやすい価格を実現したA4フルサイズノートだ。今回、グラフィックスに「AMD Radeon HD 6730M」を搭載した「LuvBook R」シリーズが投入されたので紹介しよう。 (7/7 17:49)


このノートPCは事件だ:

“光”がもたらすハイエンドモバイル革命――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(前編) news013.jpg

こんな“Z”を誰が予測できただろうか? 斬新すぎる“ドック”スタイルに驚きつつも、とにかく新しいVAIOのハイエンドモバイルノートをこってり実力診断していこう。 (7/7 11:00)


やっぱりここは特撮モノっぽくいこうか:

激闘! 巨大化したゲーミングノートPC「Alienware M18x」に勝利せよ!! news083.jpg

AlienwareのゲーミングノートPCが巨大化した! 特撮戦隊モノで悪役が繰り出す定番の奥の手か!! 地球はどうなる!!! 敵を知れば危うからず!!!! (7/4 16:30)


Windowsであることが重要なのだよ:

“キミに使いこなせるか?”と挑まれている……ようだ──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(後編) news003.jpg

小さすぎる、遅いのでは……「確かに」そうだ。ただ、それは使い方によってかなり補える、と思う。後編では利用シーンを考察しつつ、ソフトウェアとパフォーマンスをチェックする。 (7/2 13:00)


重量218グラムの世界最小PC:

解き放てっ、“LOOX”愛──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(前編) news068.jpg

重量200グラム台の通信機能付きポータブルデバイスといえば、iPhoneやAndroidスマートフォン……だけじゃない。実はWindows 7もそうだ。発売前のWindows 7 ケータイ F-07CをPC的にチェックする。 (7/1 16:00)


あなたが買ってあげればいいと思うのですよ:

節電対応の“やさしい”ノートPC「LaVie S」──“家族向けPC”に適するか news043.jpg

手ごろなサイズと価格が特徴のベーシックA4ノートPC「Lavie S」が、デザインを一新し、パフォーマンスも向上させた。「家族に買ってあげる」PCとして、どのあたりがパワーアップしたかをチェックする。 (6/22 17:00)


XOOM/Optimus Padとの比較も:

タブレットとノートの“いいとこ取り”か?――「Eee Pad Transformer TF101」発売直前レビュー news042.jpg

ASUSの一風変わったAndroid 3.0タブレット「Eee Pad Transformer TF101」が2011年6月25日に発売される。着脱式キーボードは本当にアリなのか、実機をじっくり試した。 (6/22 13:00)


待望の高解像度化、外装もグレードアップ:

「VAIO S(SA)」徹底検証――直販限定×高級志向の13.3型モバイルノート news024.jpg

「VAIO Z」が販売終了となり、代わりに出てきた「VAIO S」の上位モデル「VAIO S(SA)」は、どれほどの実力を秘めているのか。じっくり、こってりと試してみた。 (6/9 11:30)


このスペックで10万円台!!:

大画面フルHD液晶を搭載する“格安”Sandy BridgeノートPC――「LuvBook LB-D701X」 news041.jpg

マウスコンピューターの「LuvBook LB-D701X」は、1920×1080ドット表示対応の17.3型ワイド液晶に、クアッドコアの第2世代Core iと外部GPU、Blu-ray Discドライブを搭載しつつ、10万円台の価格を実現したハイパフォーマンスノートPCだ。 (6/3 12:00)


もう1つの選択肢:

抜群のコストパフォーマンスを誇る大画面Sandy Bridgeノート――「HP Pavilion dv7-6000/CT」 news054.jpg

日本HPの「HP Pavilion dv7-6000/CT」は、最新のSandy Bridgeを採用した17.3型ワイド液晶搭載ノートPCだ。ENVY17-2000、dv6-6000に続いて、dv7-6000のハイパフォーマンスモデルをチェックする。 (5/26 16:00)


ヘンタイ?、ヘンタイぢゃない?:

「Window 7ケータイ F-07C」のWindowsエクスペリエンスインデックスを測定 news044.jpg

NTTドコモの夏モデル発表会では計測できなかった、「Windows 7ケータイ F-07C」のWindows エクスペリエンスインデックスを改めて計測した。 (5/26 14:57)


Android 3.0タブ+着脱式キーボードドック:

「Eee Pad Transformer TF101」の“変形合体”を写真と動画で見る news081.jpg

Tegra 2とAndroid 3.0を搭載したタブレットは数あれど、こんな製品は見たことがない。ASUSの「Eee Pad Transformer TF101」は、Eee PCで培った技術を積極的に盛り込んできた。その“新しさ”を写真と動画で確認する。 (5/25 17:15)


分解して!もらった!:

写真で確認する“ThinkPad X1の中身” news034.jpg

“ThinkPad史上最薄”を最重要課題として開発された“新世代”薄型ノートPCは、中身もスゴイのか。試作機を分解し、ボディ内部を探ってみた。 (5/20 11:00)


見た目で評価してはいけない:

ThinkPad X1は“パワフルなイケメン”なのか news019.jpg

見た目重視で光沢パネルとアイソレーション6列配列キーボードを採用した一方で、高クロック動作のCPUを搭載したという“X1”の「本当の姿」を確かめてみた。 (5/18 10:00)


キーボード搭載+Oak Trailで差別化:

写真と動画で見る“2Way”スレートPC「FMV LIFEBOOK TH」 news044.jpg

キーボード搭載のタブレットPCはどうしてもゴツくなりがちだが、「FMV LIFEBOOK TH」は独特のボディデザインでスマートにまとめている。試作機を速攻でチェックした。 (5/17 11:15)


「超ちっこい7搭載PC(ケータイ機能もあるよ)」というところがいいですよ:

LOOX Uを超えたケータイサイズの新LOOX──“PC”として写真と動画で見る「Windows 7ケータイ F-07C」 news023.jpg

ドコモより「Windows 7ケータイ」が登場。Windows Phone 7ではなく、Windows 7 Home Premiumがそのまま動くのに、フツーのケータイでもある──という、ほかとは違う面白い特徴を備えている。【一部更新】 (5/17 09:00)


見た目以上に変わっています:

“やっぱり頼れるモバイルノート”ThinkPad X220を使う news103.jpg

ThinkPadで小型軽量シリーズの最新モデルは、最新プラットフォームを採用してその実力が格段に向上したという。変更されたキーボードとあわせて検証した。 (5/13 17:52)


VAIO Z ロードテスト:

第4回 VAIO Zの光学ドライブを取っ払い、「SSDに換装」してみた news022.jpg

そういえば光学ドライブってほとんど使ってない。購入よりはや1年、今さらながらこれに気がついたので光学ドライブを取っ払ってSSD/HDDに換装してみた。 (5/6 17:00)


もちろん“Made in Japan”:

「FMV LIFEBOOK SH76/C」実力診断――第2世代Core i+着脱式ベイ搭載の13.3型モバイルノート news033.jpg

「SH76/C」は、着脱式の光学ドライブを採用し、ベイカバーや増設バッテリーと交換して利用できるモバイルノートPC。Sandy Bridgeで磨かれた性能をじっくりテストした。 (5/6 16:30)


その変化は“Sandy Bridge”にとどまらない:

軽量薄型パワフルノート「ThinkPad T420s」でワクワクする? news015.jpg

持ち運べてタフに使える2スピンドルノートPCといえば、ThinkPad T4XXsシリーズ。その最新モデルが“Sandy Bridge”を搭載した。その性能と使い勝手は? (5/6 11:30)


抜群のコストパフォーマンス:

速くて安い“Sandy Bridge”ノート――「HP Pavilion dv6-6000 プレミアムライン」を試す news114.jpg

「HP Pavilion dv6-6000 プレミアムライン」は、15.6型ワイド液晶を搭載するSandy Bridge世代のノートPCだ。最小構成で約7万円の価格帯ながら、高い性能と美しいデザインで抜群のコストパフォーマンスを誇る。 (4/28 19:22)


NVIDIA 3D Visionにも対応:

ステルス戦闘機っぽいゲーミングノート――「G53Jw」を駆る news014.jpg

ゲーミングPCには奇抜な外観の製品も少なくないが、ASUSの「G53Jw」はステルス戦闘機にインスパイアされたという直線的なブラックボディを採用。存在感たっぷりの1台だ。 (4/27 07:00)


まさに最上級:

フルメタルボディに包まれた圧倒的な性能――「ENVY17-2000」を試す news035.jpg

日本HPのプレミアムブランド「ENVY」に17.3型ワイドモデルが加わった。パフォーマンスはもちろん、使い勝手やデザイン、パッケージに至るまで何一つ妥協したくない、そんな人は要チェック。 (4/21 11:36)


ULV Core i5でサクサク動く:

「Eee Slate EP121」はWindows 7タブレットの本命か news044.jpg

iPadやAndroidもいいけど、Windows 7の高機能とタブレットの使い勝手をうまく両立できないのか、と考える人は少なくないだろう。だったら、「Eee Slate EP121」に注目だ。 (4/18 15:30)


Sandy Bridge世代に進化:

Wバッテリーでなんと31時間動作──“理想“の仕事モバイルPC「dynabook R731」実力検証 news035.jpg

電源がないとPC使えない、仕事できない。そんな心配は「最大31時間バッテリー動作」の仕事モバイルPCならなくなるかも。軽量・長時間動作・WiMAX、“ビジネスユーザー理想”のノートPC「dynabook R731」の実力を検証する。 (4/15 11:00)


さらにできるようになったな!:

6万円台の第2世代Core i5搭載15.6型ノート――「K53E」を試す news082.jpg

Intel 6シリーズの不具合騒動もほぼ終息し、各社から第2世代Core i搭載ノートPCが続々と登場している。その中でもASUSの「K53E」は、低価格ながら手堅くまとまった1台だ。 (4/11 17:00)


やっぱエミュ:

ゆめのこんぴゅーた「Pandora」でソフトウェアを動かそう! news083.jpg

そろそろPandoraが届いた人も増えてきたはず(と信じたい)。連載第2回ではPandora上で動作するソフトウェアを紹介していく。さあ、いじるぜ。 (4/8 17:20)


SSD搭載の11.6型モバイルPC:

バッテリー残量を気にせず使えるモバイルサブ機――「Pavillion dm1-3000」を試す news025.jpg

Fusion APUを採用する「HP Pavillion dm1-3000 Notebook PC」は、11.6型のコンパクトなボディに、必要十分な性能と公称10時間以上のバッテリーライフをつめこんだモバイル機だ。128GバイトSSDを搭載した直販モデル(7万9800円)の使い勝手を見ていこう。 (4/7 09:34)


いやはや、本当にありがとう:

こんなときだから、公!私!動!で頼りになった「Let'snote B10」 news075.jpg

「Let'snote B10のレビューはもう掲載したじゃない」という声を押しての再登場。この数週間でLet'snote B10が私をいかに助けてくれたのかを紹介したい。 (4/6 17:21)


性能もキラリと光るか?:

新型「VAIO C」徹底検証(後編)――新素材の蛍光ノートをじっくりテストする news023.jpg

集光材によって“電源なしで光る”ボディを実現した新型「VAIO C」。その斬新かつ目立ちまくる外観に、性能面はついていっているのか、各種テストで実力に迫った。 (4/6 11:00)


節電しながら目立てます:

新型「VAIO C」徹底検証(前編)――“電気なしでボディが光る”個性派ノート news031.jpg

電源いらずでボディを光らせるという、一風変わったノートPCがソニーから登場した。この新型「VAIO C」なら、無駄な電気を使わず、電飾のような光彩感が楽しめる。 (4/5 11:15)


3Gポータブルルータレビュー:

そういえば、auの3G定額データ通信はどう?──「Wi-Fi WALKER DATA05」の実力検証 news091.jpg

「現auケータイユーザー」に、なかなかよさそう──。auのポータブルルータ「Wi-Fi WALKER DATA05」の機能や使い勝手、利用シーンをチェックする。 (4/1 17:24)


海外プリペイドSIM導入マニュアル番外編:

ドイツで使うvodafoneの“真っ赤なSIMカード” news031.jpg

海外で仕事!といえば、たとえ到着した空港で荷物をロストしたとしても(実話)、SIMカードの確保は急務であるっ! ホテルのLAN? だからそれは甘いってば。 (3/31 11:30)


4倍速フルHD液晶+3D立体視+第2世代Core i7+外部GPU:

「VAIO F(3D)」徹底検証(後編)――3DノートPCの本命か? news057.jpg

3D立体視の品質にこだわり抜いたVAIO F(3D)は、それを支えるパフォーマンス面にも力が入っている。レビュー後編は、PCとしての実力を各種テストでチェックしよう。 (3/24 16:00)


2DのBlu-rayも地デジも3D変換:

「VAIO F(3D)」徹底検証(前編)――さすがに“4倍速フルHDの3D映像”は格が違った news023.jpg

「PCの3D立体視はイマイチ……」と思っている人は少なくないかもしれない。しかし、VAIO初の3D立体視対応モデルには、その不名誉な印象を覆すだけの実力が確かにある。 (3/23 11:15)


驚異のコスパ:

“Sandy Bridge”でどこまで変わった?――新型「13インチMacBook Pro」の実力 news031.jpg

第2世代のCore iプロセッサを搭載する新型MacBook Proから13インチモデルを取り上げ、各種ベンチマークを実施して新旧モデルを比較していく。旧型ユーザーは涙目になりそうな結果に……。 (3/11 10:30)


まさに下克上のパワーとスタミナ:

新型「VAIO S」徹底検証(後編)――その性能は“Z”を超えたのか? news028.jpg

「VAIO Z」のワンランク下というポジションから抜け出し、一足先に最新アーキテクチャと新デザインを手に入れた「VAIO S」。そのパフォーマンスは驚異的だ。 (3/10 11:30)


第2世代Core i+GPU切り替え+クアッドSSD+フルフラットボディ+長時間駆動:

新型「VAIO S」徹底検証(前編)――VAIO初“Sandy Bridge”モバイルの出来栄えは? news035.jpg

VAIOの2011年春モデルで唯一のモバイルノートPCが新型「VAIO S」だ。ボディの内と外を刷新し、VAIO Zに肉薄するパフォーマンスモバイルへと進化を遂げている。 (3/9 11:45)



ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。