Special
» 2018年11月19日 10時00分 公開

その全てがプレミアム――この冬買いたいノートPCは「HUAWEI MateBook X Pro」 (1/3)

性能もデザインも群を抜くプレミアムノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」を徹底レビュー。モバイルノートPCはここまで進化した!(提供:ファーウェイ・ジャパン)

[PR/ITmedia]
PR

 HUAWEI MateBook X Proは、ファーウェイから登場したプレミアムなモバイルノートPCだ。ファーウェイといえば、スマートフォンの分野では日本でもおなじみの存在。最新の四半期販売台数でAppleを抜くなど世界中でめざましい躍進を遂げている。同社は近年、2in1やノートPCにも進出。スマートフォンで培ったノウハウを生かした企画力、開発力で注目を集めている。

 HUAWEI MateBook X Proは、同社のノートPCの中でもフラグシップと位置付けられる製品だ。14型クラスの画面を搭載しているとは思えないほどコンパクトなボディーにパワフルなパフォーマンスと先進のインタフェース、強力なエンターテインメント機能をも兼ね備える1台となっている。リーズナブルな価格で入手できるCore i5モデルを入手したので、その魅力をじっくり見ていこう。

ファーウェイのフラグシップモバイルPC「HUAWEI MateBook X Pro」は、美しいスリムなボディーにパワフルなパフォーマンスと極上のエンターテインメント性能を備える

クラフトマンシップを感じさせる美しいデザイン

 エレガントなたたずまいが印象的だ。CNC削り出しによるフルメタルのユニボディーは、表面の質感の高さが際立つ。エッジはダイヤモンドカットでキラキラと光る。

 サイズも13.9型の画面を搭載したノートPCとは思えないほどにコンパクトだ。具体的なサイズは、約304(幅)×217(奥行き)×14.6(高さ)mm。フットプリントでいえば、12型クラスに近い。スリムなのでブリーフケースタイプのビジネスバッグにもすっきりと収まる。

 高品位なデザイン、これだけの小ささを実現できたのは、スマートフォンメーカーだからこそだろう。よりシビアに小型化・薄型化が求められ、デザインの競争も激しいスマートフォンの開発で培ってきた高密度実装技術やデザイン力が大いに生かされている。薄型軽量というだけでなく堅牢性金属素材を高精度に組み合わせているため剛性感も高く、持ち運ぶ際に不安は全く感じない。

マグネシウム合金のCNC削り出しで作られたボディーは質感の高さが際立つ。クラフトマンシップを感じる仕上がりだ
具体的なサイズは、約304(幅)×217(奥行き)×14.6(高さ)mm。スリムでエレガントなたたずまいが印象的だ
12型クラスのノートに近いサイズ感。カフェの狭いテーブルでも余裕を持って置ける

 薄型軽量でもバッテリー容量も犠牲にしていない。バッテリー容量は57.4Whと、モバイルノートPCの標準(45Wh前後が相場)を上回る大容量。公称の駆動時間は約12時間だ。

 これだけ大容量であれば、Huluなど動画配信サービスで提供されている約2時間の映画も3本は楽々、少し画面輝度を落とせば4本目も最後まで見られるだろう。ビジネス用途であれば50%以下に設定しても十分な明るさなので、1日充電なしで使える。また、30分の充電で6時間使える急速充電に対応しているのもいざというときには心強い。

モバイルノートPCとしては十分な大容量バッテリーを搭載。1日充電なしで使うことができる。30分の充電で6時間使える急速充電に対応しているのも心強い

極上のエンターテインメントを演出する先進機能

 HUAWEI MateBook X Proの大きな特徴が、極上のエンターテインメント性能だ。13.9型液晶ディスプレイの表示解像度は3000×2000ピクセルで画素密度260ppiと高精細。立体感、臨場感を強く感じる迫力がある。

 さらに、インターネットコンテンツの標準色域である「sRGB」を100%カバーする広色域に対応しており、sRGBで制作された写真や動画を制作者の意図通りに再現できる。

解像度3000×2000ピクセル、画素密度260ppiに対応する13.9型液晶ディスプレイを搭載。sRGB100%の広色域、コントラスト比1500

 しかも、画面の左右のベゼル幅が約6mmというフレームレスデザイン。フットプリントに対する画面の比率(画面占有率)はなんと91%、ほぼ全部画面というくらいの感覚で、コンテンツに没入できる。

画面のフレームをギリギリまで切り詰めたフレームレスデザインを採用。13.9型と大きな画面を搭載しながら、12〜13型クラスの製品と変わらないサイズ感を実現している

 10点マルチタッチに対応したタッチパネルも搭載しており、画面に直接触れての操作もできる。滑らかでタッチのレスポンスも良く、快適な操作感だ。表面には傷が付きにくいCorningのGorilla glassを採用している。

 ボディーの左右にはクアッドスピーカーを搭載。クリアな高音から豊かな低音まで忠実に再現。Dolby Atmosサウンドシステムに対応し、コンテンツに最適なサラウンドサウンドを再現する。モバイルノートPCとは思えないほどの迫力のある音圧かつ高音質、臨場感でエンターテインメントコンテンツを楽しめる。ノイズキャンセリング対応のクアッドマイクも搭載する。

ボディーの左右にはクアッドスピーカーを搭載。Dolby Atmosサウンドシステムに対応し、モバイルノートPCとは思えない臨場感でコンテンツを楽しめる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:華為技術日本株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2018年12月31日