Special
» 2021年03月31日 10時00分 公開

デルの新型ワークステーション「Dell Precision 3560」で快適なテレワークを実現しようえ、ワークステーションって持ち運べるの?(1/2 ページ)

テレワークでワークステーションレベルの作業を行うのは、現状難しいと思っている人は多いだろう。しかし、今ではパフォーマンスとサイズ/重量の両面で満足の行くモバイルワークステーションも増えてきた。ここでは、デル・テクノロジーズの最新モデル「Dell Precision 3560」と、テレワークを快適にしてくれる周辺デバイスを取り上げる。

[PR/ITmedia]
PR

 ワークステーションといえば、一昔前はタワー型デスクトップPCか、分厚くて重いノートPCという選択肢がほとんどで、昨今のテレワーク環境下ではオフィス以外での利用が難しいと考えている人が多いかもしれない。

 しかし、デル・テクノロジーズの新モデル「Dell Precision 3560」は、ワークステーションに必要な装備を備えながらビジネス向けノートPCとほぼ同じ価格帯で購入できる上に、1.6kgを切る重量を実現している。さらに豊富なオプション品を活用することで、快適なテレワーク環境を実現可能だ。実機を見ながら、その内容を細かくチェックしていこう。

Dell Dell Precision 3560 デル・テクノロジーズの「Dell Precision 3560」は、最新の第11世代CoreプロセッサとNVIDIA T500のGPUを搭載したパワフルなモデルだ。重量も約1.6kgと持ち運べるモバイルワークステーションに仕上がっている

快適な使用感を支える上質なボディー

 シルバーのボディーは、見た目の質感の高さも印象的だ。機能美を感じるシンプルなデザインで、表面仕上げもサンドブラストで上質な仕上がりになっている。適度にしっとりとした感触がありながらサラッとしていてベトつかず、指紋もつきにくい。

 ボディーの具体的なサイズは、約358(幅)×232(奥行き)×19.3〜21(厚さ)mmで、重量は約1.58kgだ。室内での移動や、ローテーション勤務など低頻度でオフィスと往復する程度ならば苦にならない大きさと重さにまとまっており、スリムなフォルムでバッグへの収まりもよい。

 バッテリーも約63Whと大容量のものを内蔵しているので、会議での持ち運び、近所のカフェや共有スペースへ移動して利用するといった際にも、残量を心配せずに使うことができる。

Dell Precision 3560 上質感のある外装が印象的だ。表面はサンドブラスト、ロゴはミラー加工が施されている
Dell Precision 3560 底面はシンプルにまとまっている。吸気口があるため、ゴム足で高さを確保する
Dell Precision 3560 充電はThunderbolt 4端子(USB Type-C)で行う。評価機には90W仕様のACアダプターが付属していたが、スペックによっては130W仕様になる

先進のThunderbolt 4に加えテレワークに必須のカメラとマイクも装備

 最新のThunderbolt 4(USB4互換)を2基備えているのもポイントだ。最大40Gbpsでの高速通信が可能で、1つのUSB Type-Cポートがデータ転送、ディスプレイ出力、充電端子(USB Power Delivery)とさまざまな用途を兼ねる。従来のUSB Type-A端子や有線LAN端子、microSDメモリーカードスロットなどの標準装備もうれしいところだ。

 テレワークに必須となるWebカメラとマイクもディスプレイ上部に内蔵している。マイクはノイズキャンセルをサポートする。プリインストールの「Dell Optimizer」にノイズキャンセルや音量安定化機能などがプリセットで用意されており、会議の環境に最適なサウンド環境を利用できる。

 また、Dell Optimizerでは、サウンド以外にもさまざまなインテリジェントな機能を搭載する。ユーザーの使用状況を監視/分析し、アプリケーションのパフォーマンス最適化、バッテリーの最適化などを行ってくれる。

Dell Precision 3560 前面に手がかかりやすいくぼみがあり、スムーズにトップカバーを開くことができる
Dell Precision 3560 背面には通気口がある
Dell Precision 3560 左側面に高速なデータ転送、ディスプレイ出力、充電端子と多用途に使えるThunderbolt 4を2基装備している
Dell Precision 3560 右側面には、手前側からmicroSDメモリーカードスロット(SDXC対応)、USB 3.2 Gen 2、USB 3.2 Gen 2(Power Share対応)、HDMI 2.0、有線LAN(1000BASE-T)、セキュリティロックスロット(盗難防止ワイヤー接続用)が並ぶ

ゆとりの大画面と快適な感触のキーボードを装備

 ボディーの横幅をほぼいっぱいに使うことで、15.6型の大画面とテンキー付きのキーボードを収めている。ゆとりのあるサイズの画面とキーボード、幅広のパームレストで快適に作業をこなすことができる。

 中でも、キーボードのクオリティーが良好だ。キートップに微妙なくぼみが付けられており指によくなじむ。スイッチの感触も押下感がありながら反発が強すぎないよう調整されていて心地よい。

Dell Precision 3560 15.6型と、ゆとりのあるサイズの画面を搭載する。画面解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)だ。購入時にタッチ操作対応を選んだり、3840×2160ピクセルを選んだりすることも可能だ
Dell Precision 3560 ボディーの横幅をいっぱいに使い、テンキー付きのキーボードを搭載している。主要キーのピッチは実測で縦横ともに約18mmを確保し、タッチ感も非常に良好だ
Dell Precision 3560 画面の角度はほぼ水平まで開く。見やすい角度に調整でき、同僚や上司などに資料を見てもらう際もスムーズにこなせる

ISV認証取得のNVIDIAプロフェッショナルGPUを搭載

 GPUには、プロユース向けのNVIDIA T500(グラフィックスメモリは2GB)を内蔵する。開発や設計の現場で使われる専門ツールのベンダーによる「ISV認証」を取得しており、確実な互換性、動作安定性、描画の正確な再現性を備えている。

 CPUはIntel最新のCore i7-1185G7(開発コード名:Tiger Lake、4コア8スレッド)で、第11世代Coreプロセッサの主力モデルを採用する。メモリは最大64GB、ストレージは最大4TBまで搭載可能だ。2D CADやエントリーレベルの3D CADを快適に扱える。vProにも対応しているので、vProでセキュリティ、運用管理を行っている企業も安心して導入できるだろう。

Dell Precision 3560 GPUとしてNVIDIA T500(グラフィックスメモリは2GB)を備える。ISV認証描画の再現性が重要なCADツールも安心して利用できる
Dell Precision 3560 CPUは最新の第11世代Coreプロセッサで、4コア8スレッドのCore i7-1185G7(3.0GHz〜4.8GHz)を採用する。高度なリモート管理が行えるvProにも対応している

優れたパフォーマンスを実証

 パフォーマンスについては、ベンチマークテストの結果を見てもらった方が早いだろう。比較対象は、2017年末に発売された重量が約2.4kgのゲーミングノートPCだ(CPUは第7世代Core i7-7700HQ、4コア8スレッド、2.8GHz〜3.8GHz)。

 PCMark 10は、実際のアプリを利用してEssentials(Webブラウズやビデオ会議などの基本操作)、Productivity(オフィス共同作業)、Digital Content Creation(クリエイティブ)の3つのシナリオをシミュレートしてスコアを出すが、いずれのスコアも比較対象を圧倒している。

Dell Precision 3560 テストに利用したPCのスペック
Dell Precision 3560 PCMark 10のスコア比較
Dell Precision 3560 PCMark 10/Modern Office Battery Lifeのスコア。バッテリーを19%まで残した状態で約6.5時間と実用十分な駆動時間を記録した
Dell Precision 3560 SPECviewperf 2020のスコア(Dell Precision 3560)
Dell Precision 3560 SPECviewperf 2020のスコア(比較用PC)

 ワークステーションでよく使われるメジャーなCADツールなどを利用した描画テストであるSPECviewperf 2020のスコアもご覧の通りだ。ほとんどのテストで比較対象をはっきり上回っており、大差を付けているアプリケーションもある。

 テレワークをスムーズにこなすには、Precision以外の周辺デバイスも大きな鍵を握る。生産性を高めてくれるお勧めの一品を見ていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2021年5月16日