> ニュース 2003年6月18日 08:53 PM 更新

MTVシリーズがMPEG-2とMPEG-4の同時保存に対応


 カノープスは6月18日、テレビチューナー付きビデオキャプチャーカード「MTVシリーズ」の新製品を発表した。今回登場するのは「MTV3000FX」(価格5万9800円)、「MTV2200FX」(価格5万3800円)、「MTV1200FX」(価格3万4800円)の3製品に、アップグレードキットの「MTV X Pack with DivX」(価格3800円)。出荷開始はすべて6月30日の予定。


MTV3000FXパッケージ


MTV X Pack with DivX

 製品のハードウェア仕様は従来のままだが、ハードウェアによるMPEG-2エンコードと並行して、新しくソフトウェアによるMPEG-4エンコードを行えるようになったのが、最も大きな特徴だ。

 発表会には、カノープス代表取締役会長の山田広司氏も姿を見せ、製品のコンセプトなどについて説明を行った。


カノープス代表取締役会長 山田広司氏

 高機能高画質で、多くのユーザーから支持を受けたMTVシリーズであるが、山田氏は「ユーザーが次の製品で望んでいたのが、異なるフォーマットによる保存を同時に行えることだった」と、今回のリニューアルが、ユーザーのリクエストに沿ったものであることをアピールした。

 「以前は不可能だった複数フォーマットの同時処理も、CPUやHDDのパフォーマンスが向上したおかげで可能になってきている。また、ユーザーは、テレビ番組を一時的に保存して視聴するだけでなく、後から楽しむためにCD、またはDVDに保存することが多くなってきた。ところが、MPEG-2ではデータ量が大きすぎるため、MPEG-4で同時に保存したいという希望がユーザーから多く寄せられている」(山田氏)

 「X-TransCoder」と名づけられた同時保存を行う新技術は、ハードウェアによるMPEG-2エンコードが開始すると、ほぼ同時にMPEG-4への変換処理を開始する。いったんMPEG-2でキャプチャーして、その直後にMPEG-4に変換するため、カノープスはこの方式を「追っかけ変換」と呼んでいる。MPEG-2エンコード処理でコマ落ちなどが発生しないように、MPEG-4変換処理作業は、MPEG-2処理の負荷が低いときに行われる。

 MPEG-4はソフトウェアエンコードであるため、PCにとっては重い処理になる。そのため、カノープスではMPEG-4での直接キャプチャーを推奨していない。あくまでもMPEG-2で保存して、追っかけ変換でMPEG-4に保存するように勧めている。同じ理由でMPEG-2のタイムシフト再生と追っかけ再生との同時処理もサポートしていない。

 「X-TransCoder」を始めとするMPEG-2、MPEG-4同時保存は同梱されるCD「X Pack CD」に収録されたソフトウェアでサポートされる機能。また、コントロールソフトのFEATHERは、X-TransCoderに対応した「FEATHER-X」にバージョンアップ。これまでのMTVユーザーも別売りのX pack CDを購入し、Webで配布されるX-TransCoder対応のドライバとFEATHER-Xをインストールすれば、MTV-FXと同等の機能が使えるようになる。

 MPEG-4コーデックには「いま最も人気のあるコーデックソフト」(カノープス)であるDivX Networkの「DivX Pro」を採用している。なお、DivXのバージョンアップについて、カノープスは対応しない予定。ユーザーが独自にDivX NetworkのWebサイトからダウンロードすることになる。

 国内の公式な場には久々の登場となる山田氏。長らく米国市場のビジネスに携わってきたが、今年初めに帰国。この夏からは、製品開発グループの取りまとめを行うことになっている。発表会の冒頭では、カノープスの海外事業や、先日発表されたQUOSYSについて、山田氏から説明が行われた。

 気になるビデオカード事業について山田氏は「チャンスがあれば参入したい」と、継続する意思を示した。カノープスは4月の時点で、秋にATI製ビデオチップ搭載製品の可能性を示唆しているが、今回、採用するビデオチップについて「NVIDIAは製品がない状態。ATIはこれからの展開がどうなるか、まだ見えない部分がある」(山田氏)と、現時点ではまだ確実なことがいえない、としている。

 ただし、従来カノープスが受け入れられないとしてきた、「チップは渡さず、リファレンスボードのみを供給する」NVIDIAの方針については、「ユーザーの考え方が変わってきている」(カノープス 第1開発部部長 中田潤氏)と、従来よりも柔軟な見解を示した。

関連記事
▼ カノープス、ATIとビデオチップ供給で交渉、秋に搭載カードの可能性

関連リンク
▼ カノープス

[長浜和也, ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!