> ニュース 2003年6月24日 10:18 AM 更新
IDG

Safari正式版が公開、8月以降はIEに代わり「デフォルトブラウザ」に

Appleは自社のウェブブラウザ、Safariの正式版を発表した。半年の間、β版として熟成させた、オープンソースプロジェクトをベースにしたブラウザは、8月からInternet Explorerに代わりMac OS Xデフォルトブラウザとなる。

 Worldwide Developers Conference(WWDC)におけるApple CEO、スティーブ・ジョブズ氏の基調講演の中で、AppleはSafariウェブブラウザの製品バージョンがダウンロード可能になったことを発表した。Appleのウェブサイトもしくはシステム環境設定のソフトウェア・アップデートからダウンロードできる。

 ジョブズ氏は基調講演参加者に向かい、Safariが過去6カ月で500万ダウンロードを超えたと宣言した。バージョン1.0は8月以降に出荷されるPower Mac G5のデフォルトブラウザとなる。また、AppleはSafari SDK(ソフトウェア開発キット)を公開し、デベロッパーがSafariのHTMLレンダリングエンジンを自社のアプリケーションに組み込むことができるようにした。

 Safari 1.0はMac OS X 10.2以降が必要で、Mac OS X 10.2.3以降に最適化されている。正式バージョンは英語、日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、ブラジルポルトガル語、カナダ系のフランス語、ノルウェー語、デンマーク語、フィンランド語、スウェーデン語、韓国語、簡体字中国語に対応している。



関連記事
▼ MicrosoftのMac版IE開発停止にAppleがコメント
Mac版Internet Explorerの開発停止を表明したMicrosoftの動きに、その要因となったSafariブラウザを開発するAppleがコメントを述べた。

▼ Microsoft、Mac用IEの開発を停止
Apple純正ブラウザSafariの登場を理由に、MicrosoftのMacBUはIEの開発停止を表明した。今後は新機能は追加せず、速度、セキュリティの向上を図るだけになる。Officeなどの他製品については今後も開発を継続するという。

▼ AppleとMS、離婚しても大丈夫?
Mac用IEとOfficeをサポートするという契約が切れてから1年、MSはMac用IEの開発を停止した。そうなると、Mac版Officeも危ういかもしれない。しかしAppleにはMSの抜けた穴を埋められるソフト開発の才腕がある。

[Dennis Sellers, IDG Japan]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!