> ニュース 2003年7月29日 12:09 PM 更新
IDG

SGI、OpenGL ARBがOpenGL 1.5を発表

OpenGLの新バージョンである1.5が策定された。年末にも対応グラフィックカードが登場する見込みだ。

 Silicon Graphics (SGI) とOpenGL Architecture Review Board (ARB) は今秋サンディエゴで開催されているSIGGRAPHカンファレンスでOpenGL 1.5を正式に発表した。この新しいAPI規格は3Dソフトウェアに新たな段階の画像リアリズムをもたらすものだと、提案者は述べている。

 新しい1.5規格ではOpenGL Shading Languageが追加されている。この拡張規格は、複数のプラットフォームをサポートし、より高度なオープン標準となる予定のOpenGL 2.0のベースになると見られている。OpenGL Shading Language自体は、グラフィックカードがベンダーやプラットフォームにかかわらず、同じ高度なシェーディング技術をサポートすることができる。OpenGL ARBによれば、OpenGL 1.5は今年後半にグラフィックスカードベンダーから発表される予定の製品でサポートされるという。

 OpenGL Shading Language v1.0以外にOpenGL 1.5で追加されているものに、Vertex Buffer Objectがある。これは高性能3Dレンダリングを行う。Occlusion Queryは選抜除去を向上させるために非同期の咬合テストを行う機能。Non power-of-two Texturesはテクスチャメモリの効率を向上させる機能だ。

 OpenGLはAppleのMac OS Xでフルに活用されている。同社はATI、Nvidia、Evans & Sutherland、IBMなどの業界大手と並び、OpenGL Architecture Review Boardの投票権を持つ会員となっている。

[Peter Cohen , IDG Japan]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!