> ニュース 2003年8月11日 01:15 PM 更新
IDG

The Omni GroupがWebCoreベースのOmniWeb 4.5をリリース

HTMLコアをSafariと同じWebCoreに切り替えたOmniWeb 4.5がリリースされた。

 Omni Groupは8月7日、OmniWeb 4.5をリリースした。同ウェブブラウザは、公開ベータでテストされていたが、今回のリリースが最終リリースバージョンとなる。

 OmniWebはApple Computerが公開しているオープンソース・コード・フレームワークであるWebcoreとJavaScriptCoreを使っている。このソフトウェアはCSS、HTML、XHTML、JavaScriptをサポートする。さらに、OmniWeb 4.5では前バージョンからさまざまな強化とバグフィックスが行われている。

 OmniWeb 4.5はブックマーク、オートフィル・インフォメーション、プラグインを改善しており、履歴のインデックスなども追加された。

 OmniWeb 4.5はOmni Groupのページからダウンロードできる。OmniWeb 4.xユーザーは無償アップグレード可能。新規ユーザーは無期限で無償利用できるが、気に入ったら29.95でライセンス料金を支払うことを勧めている。

[Peter Cohen, IDG Japan]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!