> ニュース 2003年8月12日 01:39 PM 更新
IDG

Rio、Mac OS X対応MP3プレーヤーの3モデルを発表

今度のRio新モデルは3機種がMac対応だ。由来が気になる“Rio Chiba”をはじめとする3モデルはいずれもMac OS X対応だ。

 Rio Audioは7機種の新しいMP3プレーヤーを発表した。さまざまなデザイン、フォームファクターで、そのうち3機種がMac対応である。Rio AudioはDigital Networks North Americaの事業部である。

 Mac対応の新製品のうち2機種はフラッシュメモリを使ったMP3プレーヤーのRio ChibaRio Fuseである。Mac OS X(とWindows)で動作するように設計されており、バックライトLCD、オンボードメモリ、単4電池で18時間の連続使用が可能。

 さらに、Rio ChibaはFMチューナー、5バンドのイコライザー(プリセット付き)、キャリングケース、アームバンドが付属する。オンボードメモリは128Mバイト(169ドル)と256Mバイト(199ドル)の2種類があり、768Mバイトまで拡張できる。Rio Fuseは149ドルで、128Mバイトを搭載したワンピース設計のMP3プレーヤー。ケーブルなしで直接USBポートにつなげられる。プリセット付き可変イコライザーを搭載している。

 Rio Caliは同社の最も人気の高いモデルであるRio S30Sをベースにして新たに設計されたMP3プレーヤーで、これもMac OS Xに対応する。128Mバイトで169.99ドルのバージョンと256Mバイトで199ドルの2モデルがある。両方とも768Mバイトに拡張可能。Caliのバッテリー持続時間は18時間で、USB接続、FMチューナー、5バンドの可変イコライザーが付属する。

[Dennis Sellers, IDG Japan]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!