> 特集 2003年8月19日 10:00 PM 更新

高速で快適なワイヤレスPCライフを実現する(1/4)

そろそろ家庭にも入り始めた無線LANだが、今の使いやすさと将来の更なるブロードバンドを考えるなら、IEEE802.11gで決まりだろう。

 ある日の編集部にて。

編集見習いM:先輩。無線LANって規格がいっぱいありますが、どれがいいんですか?

先輩編集B:いっぱいといっても、今では3種類あるなあ……。まあ、環境によるかな。

編集見習いM:そうですねぇ。将来的に長く使えて、今までの無線LANカードも使えて、セキュリティ機能が充実していて、いざとなったらアンテナやリピーターで距離を伸ばせる製品がいいです。

先輩編集B:ずいぶん注文が多いな。今までの無線LANカードも使いたいならIEEE802.11g製品だな。長く使いたいならスループットの高速なモデルか……。うん、それならいい製品があるぞ。今回紹介するのはコレだな。


IEEE802.11bと共用できる高速なハイエンドモデル

 ケーブルに制限されることなく、自由な場所からインターネットにアクセスできる無線LAN。無線LANを導入するには、ベースとなるアクセスポイントとPCごとに接続する無線LANカードが必要だ。無線LANカードにはPCカードタイプやUSB接続タイプ、PCIカードタイプなどがあり、無線LAN機能を標準装備するノートPCも増えてきた。

 現在、無線LANにはIEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11aの3種類の規格があり、それぞれ対応する機器が必要になる。もっとも普及しているのはIEEE802.11b対応製品だが、最大データ転送速度の上限が11Mbpsなので、新しく登場した24Mbpsを超えるADSLサービスなどでは、無線LAN機器のデータ転送速度がボトルネックになってしまう。

 IEEE802.11bより高速な無線LAN規格として登場したのがIEEE802.11aとIEEE802.11gである。IEEE802.11aは5GHzという高い周波数帯を使用し、最大データ転送速度が54Mbpsという規格だ。周波数帯が高いため、距離によるデータの劣化が大きく指向性も強くなるが、干渉を受ける電波が少ない周波数帯でもあるため、実用上問題なく使用できる。ただし、IEEE802.11a対応製品は実勢価格において他に比べ、割高になる。

 一方のIEEE802.11gは、IEEE802.11bと同じ2.4GHzの周波数帯を使用する無線LAN規格である。これまでは暫定承認規格であったが、晴れて正式な規格として承認された。IEEE802.11aと同じく最大データ転送速度が54Mbpsで、暗号化機能も強化されている、また、IEEE802.11bとの互換性、対応製品の実勢価格がIEEE802.11aより安いという点がポイントだ。なお、3種類すべての規格に対応する無線LAN製品も登場し始めているが、これまた価格は割高になる。

 今回紹介するメルコの「AirStation WHR-G54/P」は、世界で初めてIEEE802.11gに正式対応した無線LAN対応ブロードバンドルータとPCカードタイプの無線LANカードのセット商品。高いセキュリティ機能を装備し、有線部分での実効スループットが90Mbps(FTP測定値)のパフォーマンスを発揮する、光ファイバー時代に無線部分54Mbpsをフルに活かせるハイエンドモデルだ。無線LANカードが付属するため、本製品だけで無線LAN環境を構築できる。

 また10M/100Mスイッチングハブを4ポート搭載したルータモデルのため、ブリッジタイプのADSLモデムを使用していても、別途ルータを購入することなく、複数台のPCを有線・無線ミックスしてインターネットにつなぐことができてしまうのだ。


セットアップを容易にするアイデアが随所に

 AirStation WHR-G54のデザインは丸みを帯びた独特のもので、同社の有線ブロードバンドルータ「BroadStation」と共通したおなじみのデザインだ。縦置きで使用するようになっており、インタフェース類は背面にまとめられ、前面はインジケータのみとすっきりしている。

 背面のインタフェースはWANポートと4つのLANポートが装備され、上部のアンテナ装着コネクタがなければ有線用のブロードバンドルータと思ってしまうほど。無線LANのみで使用する場合は、WANポートにモデムからのケーブルを接続し電源アダプタをつなぐだけだ。本体に付属するLANケーブルは薄い「きしめんタイプ」で、取り回しを容易にしている。ダイバーシティアンテナを内蔵しているが、アンテナ装着コネクターに別売りのアンテナを装着することで、さらに通信距離を延ばすことも可能だ。

 本体に付属する「WLI-CB-G54」は、IEEE802.11gに対応したPCカードタイプの無線LANカード。このPCカードは「Wi-Fi CERTIFIED」ロゴを国内メーカーで最初に取得した製品だ。このロゴは米国業界団体「Wi-Fiアライアンス」がIEEE802.11g規格に正式認定する際に与えられるものだ。また、認定テスト基準製品としても採用が決定している。


[吉澤亨史, ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/4 | 次のページ


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!