> ニュース 2003年8月22日 06:43 PM 更新

リビングPC「dynabook EX」発表 ショートカットキーをパネルで切り替え


 東芝は、ノートPC「dynabook EX」シリーズ3モデルを8月29日に発売する。本体に装備したショートカットキーの機能を用途に応じて切り替えることができる。


 リビングルーム向け省スペースPCとの新コンセプトに基づくdynabookの新シリーズ。「dynabook C」シリーズと同様に白を基調にしたデザインを採用した。

 特徴は、キーボードの上部に配置したショートカットボタンの機能を用途に応じて切り替えられる「ライフスタイルパネル」。機能切り替えはパネルを交換することで行え、標準状態では「日本語入力パネル」を装備。MS-IMEのオン/オフや単語登録画面の呼び出し、Word文書の新規作成などをボタン一発で行える。


標準付属のパネル。上から「日本語入力」「フラット」「オーディオ」「フォトフレーム」

 このほか、CDやDVDの再生・停止やボリュームを操作できる「オーディオパネル」、写真をはめこめる「フォトフレームパネル」、ボタンを最小限にした「フラットパネル」の計3タイプを付属。文書作成が多い場合は日本語入力パネル、AV用途の利用が多ければオーディオパネルとユーザーの用途に合わせてPCの操作性を向上させることができる。

 ラインアップする3モデルは、TVチューナーとDVD Multiドライブ搭載の最上位モデルの「EX/522CDET」(オープン価格、実売予想価格は22万円台半ば)と、DVD Multiドライブ搭載の中位モデル「EX/522CDE」(同20万円台半ば)、廉価モデル「EX/522CME」(同18万円台半ば)。

 3モデル共通でCPUがモバイルCeleron/2.2GHz、メモリが256Mバイト、ディスプレイが15インチTFT液晶(1024×768ピクセル)、OSがWindows XP Home Edition。本体サイズは330(幅)×282(奥行き)×38.4(高さ)ミリ。

 主な仕様は以下の通り。

製品名EX/522CDETEX/522CDEEX/522CME
CPUモバイルCeleron/2.2GHz
チップセットIntel 852GM
メモリ256Mバイト(最大1Gバイト)
HDD60Gバイト40Gバイト
ドライブDVD MultiDVD Multi、FDDDVD-ROM&CD-R/RW、FDD
液晶ディスプレイ15インチTFT(XGA)
グラフィックスチップセット内蔵
通信10/100BASE-TX、56Kbpsモデム
主なインタフェースPCカード、SDメモリーカード/メモリースティック、USB 2.0×4、IEEE 1394、S-Video、パラレル、外部RGB、
OSWindows XP Home Edition
オフィスソフトOffice XP Personal
電源リチウムイオン充電池
サイズ330(幅)×282(奥行き)×38.4(高さ)ミリ
重さ約3.1キロ3.2キロ
実売予想価格22万円台半ば20万円台半ば18万円台半ば

関連リンク
▼ 製品情報

[ ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!