> ニュース 2003年8月25日 05:18 PM 更新
IDG

画像キャプチャーソフト「Snapz Pro X」がバージョンアップ

Mac OS X 10.3との互換性を強化したバージョン1.0.8がリリース。またビデオキャプチャー機能強化のバージョン2.0も開発中。

 米Ambrosia Softwareがスクリーンキャプチャーソフトの定番「Snapz Pro X」をバージョンアップした。新版では特に、Mac OS X 10.3(Panther)との互換性が強化されている。

 新バージョン(1.0.8)では、スクリーンショット、メニュー画像、ウィンドウ、そのほかのオブジェクトをキャプチャーできる。このツールはAppleが内蔵しているツール「Grab」よりも強力なキャプチャーソフトとして知られる。

 新バージョンではiTunesやMacromedia製の一部アプリケーションとの互換性も強化されている。またソフトを最新の状態に保つ自動アップデート機能を装備。さらにSnapz Proはリコンパイルされ、一部の性能および互換性の向上が図られた。

 Ambrosiaでは「Snapz Pro 2.0」の開発も進めている。バージョン2.0では、特にビデオキャプチャー機能が強化される。

 より詳しい情報はAmbrosiaのサイトで提供されている。Snapz Proの価格は、ビデオキャプチャー機能付きの場合が49ドル、同機能なしの場合は29ドル。

[Macworld.co.uk staff, IDG Japan]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!