> ニュース 2003年8月28日 08:26 PM 更新

松下、DVDレコーダー一体型ホームシアターシステム発売


 松下電器産業は、DVDレコーダー一体型ホームシアターシステム「SC-HT1000」を10月5日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は14万円前後。


 サブウーファー内蔵アンプ、DVDレコーダーを搭載したユニットと5.1chスピーカーをセットにしたもの。DVDレコーダーを搭載したホームシアターシステムは業界初だという。地上アナログTV放送をDVD-RAMとDVD-Rに最長約6時間録画できる。

 アンプ部はサブウーファーに内蔵し、低域ブーストを安定化した。出力はフロント45ワット×2、センター205ワット、サラウンド45ワット×2。ツィーターとウーファーをキャビネット内に上向きに配置し、高域音を部屋中に拡散する「ディフューザー」構造を採用した。


 コンパクトサイズのDVDホームシアターシステム「SC-MT3」も同時に発売する。オープン価格で、実売予想価格は6万5000円前後。

 DVDプレーヤー部はDVD-RAM、DVD-R、DVDオーディオやWMA/MP3ファイル、JPEGファイルを収録したCD-R/RWの再生も可能。

 出力は総合310ワット。アンプ部は出力120ワットのサブウーファーとの一体型で、280(幅)×67(高さ)×316(奥行き)ミリとコンパクト化した。「HT1000」と同様、アクティブ・カレント・フィードバック回路を採用し、高音質化を図った。

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!