> ニュース 2003年9月10日 06:36 PM 更新
IDG

AutoCAD for Mac OS Xへの布石? AutodeskがDWF 6を提供

CADのトップシェアを誇るAutoCADのファイルフォーマットであるDWFが、Mac OS Xで利用可能になる。

 AutodeskはAutodesk DWF (Design Web Format) 6をMac OS Xで利用可能にする計画だ。これにより、MacユーザーはAutodeskの設計用ソフトウェアで作成された設計情報を見たり、印刷したりすることが可能となる。

 同社はDWF Developer's Toolkit for Mac OS Xをデベロッパーに提供し、サードパーティーがDWFファイルを使用した使った設計用アプリケーションを開発することができるようになる。DWFはオープンで編集不可のファイルフォーマットで、プロジェクトのライフサイクルを通して利用者がデータと設計共同作業とコミュニケーションを共有することを目的としている。開発者向けツールキットにより、Mac OS XのサードパーティーデベロッパーはマルチシートDWF設計図の読み書きが可能になる。

 AppleユーザーがDWFファイルにアクセスできるよう、AutodeskではAppleと共同でAutodesk Express Viewer to Mac OS Xを開発中であるとAutodeskのデザイン・ソリューション・グループを担当するカール・バース執行副社長は述べる。Autodesk Express Viewerを使うと、Mac OS Xのユーザーが設計のレビュープロセスに参加でき、作成したソフトウェアを使わずに設計データの内容確認と印刷を行うことができる。

 さらに、5月15日にAutodeskのAutoCADプロダクトマネジャーであるエリック・ストーバー氏は、AutoCAD for Mac OS Xの開発に関し興味を持つ人からの意見を聞きたいと述べた。AutoCADは現在のところWindowsプラットフォーム専用の設計・製図用インタラクティブ作図システムである。

[Dennis Sellers, IDG Japan]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!