> ニュース 2003年9月11日 03:50 PM 更新

松下、SDマルチカメラ「D-snap」4機種発表


 松下電器産業は9月11日、SDメモリーカードを記録メディアとしたマルチ機能カメラ「D-snap」シリーズの新製品4機種を10月10日から順次発売すると発表した。MPEG-2ムービーをSDカードに記録できる世界初の製品などをラインアップした。価格はオープン。

 4機種は、MPEG-2ムービーカメラ「SV-AV100」(10月10日発売、実売予想価格は10万円前後)、スリムなMPEG-4ムービーカメラ「SV-AV50」(11月15日発売、同4万円前後)、パームトップ型のMPEG-4カメラ「SV-AV35」(11月22日発売、同4万300円前後)、厚さ9.9ミリのスチルカメラ「SV-AS10」(10月10日発売、同3万円前後)。


「SV-AV100」。カラーはシルバーとブラック

 SV-AV100は世界で初めてMPEG-2ムービーをSDカードに記録できるカメラ。付属する512MバイトSDカードに、704×480ピクセル・30fps時で約10分、352×480ピクセル・30fpsで約20分の動画を撮影可能だ。MPEG-4での撮影にも対応し、512Mバイトに320×240ピクセル・15fpsで約1時間を保存できる。静止画は640×480ピクセルとなる。

 33.2(幅)×89.8(高さ)×64.9(奥行き)ミリ(撮影時重量は約190グラム)とカードサイズのコンパクトボディに、34万画素CCDと10倍ズームレンズを搭載した。2.5インチ液晶ディスプレイは回転式で、撮影時にはDVカメラライクなシューティングスタイル、再生時にはビューワースタイルに変更して使い分けできる。付属充電池による連続撮影時間はMPEG-2/4で約60分。


「SV-AV50」。カラーはシルバー、ブルー、ブラウン

 SV-AV50は48.9(幅)×101(高さ)×20(厚さ)ミリ(使用時約120グラム)とスリムなMPEG-4カメラ。320×240ピクセル・30fpsで撮影でき、付属USBクレードルのAV端子とTVを接続すればTV番組の録画も可能。ビューワーとしてTV番組をモバイル環境に持ち出すこともできる。

 1/3.2インチ有効195万画素万画素CCDと単焦点レンズを搭載し、最大1600×1200ピクセルの静止画撮影も可能だ。液晶ディスプレイは回転式の2インチ。ムービー撮影スタイルとビューワースタイルに切り替えられる。

 音楽再生機能(AAC、MP3)とボイスメモ機能も備えている。


「SV-AV35」のカラーはシルバーとブルー、オレンジ

 SV-AV35はD-snapの従来機種「SV-AV30」の後継機種。パームトップデザインを継承し、動画撮影品質を320×240ピクセル・30fpsに高めた。またCCDも34万画素から有効195万画素万画素に向上した。USBクレードルからのTV録画や音楽再生機能など、基本機能はSV-AV50とほぼ同じ。

 異業種合同プロジェクト「WiLL」ブランドで販売する。サイズは61.7(幅)×25.9(高さ)×77.1(奥行き)ミリ、使用時の重さは約127グラム。


SV-AS10はシルバーとブルー、オレンジ、ホワイト、グリーン、ブラウン、レッドの7色をラインアップ

 SV-AS10は静止画撮影機能と音楽再生機能(AAC、WMA、MP3)などを備えた。有効200万画素CCDを搭載し、最大1600×1200ピクセルの画像を記録できる。レンズは35ミリカメラ換算で35ミリ相当。回転式機構により“自分撮り”も容易だ。各種操作は背面の「ジョグボール」でスムーズに行える。

 背面液晶ディスプレイは1.5インチ。サイズは51.5(幅)×103.7(高さ)×9.9−13.5(奥行き)ミリ、使用時の重さは約74グラム。

 各製品は松下ネットワークマーケティングの「PanaSense」でモニター販売を行う。

関連リンク
▼ 松下電器産業
▼ PanaSense

[ ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!