ニュース
» 2010年03月25日 09時35分 公開

電通とフェリカネットワークス、おサイフケータイ共通クーポンサービス「ピットポン」を開発

電通とフェリカネットワークスは、広告と連動したおサイフケータイ共通クーポンサービス「ピットポン」を開発。3月29日まで実証実験を行っている。

[房野麻子,ITmedia]

 電通とフェリカネットワークスは、おサイフケータイと広告プランニングを融合することで、さまざまな流通店舗で利用できる広告クーポンをメーカー企業が自ら発行できる広告クーポンサービス「ピットポン」を開発。2010年秋の事業化を目指し、3月23日から3月29日まで、実証実験を行っている。

 米国などにおいては、さまざまな店舗で利用できるクーポンを、メーカー企業が新聞広告などに掲出することが一般的に行われているが、日本国内におけるクーポンの発行は、店舗を持つ流通企業や直販企業に限定されていた。

 今回は、おサイフケータイの技術とサービスプラットフォームを持つフェリカネットワークスと電通が協力することにより、メーカー企業による商品/サービスの広告と連動したおサイフケータイ共通クーポンサービスの開発が実現。両社はピットポンサービスの共通プラットフォーム化を通し、テレビやラジオ、新聞などのマスメディアとパソコンや携帯端末などのネットメディア、実際に購買する店舗とユーザーを、おサイフケータイを介して結びつけ、効率的なマーケティングの実現を目指すという。

 ピットポンは、テレビやラジオ、インターネットのキャンペーンサイト、販促メール、店頭POPなどでの告知広告を介して、ユーザーがクーポンをおサイフケータイにダウンロードし、さまざまな店舗で利用できるようにするプラットフォームサービス。おサイフケータイを使ってメーカー企業が広告とクーポンを連動させることで、クーポン発行者は「どのような広告媒体からどの店舗にユーザーが送客されたか」という広告効果を正確に把握できる。

 一方、流通企業は本プラットフォームに対応することで、日常来店しない新規顧客の来店促進を、クーポン発行者であるメーカー企業が行う広告宣伝によって実現できる。また、広告クーポン取扱手数料や店頭での広告クーポン配布による広告媒体としての収入などを得ることも可能となる。

 本サービスの実証実験は3月23日から29日まで、ローソン福岡県内のLoppi端末設置店全店で実施。クーポンは、テレビ、ラジオ、ネットメディア、店頭など、さまざまな広告媒体から取得できる。なお、クーポン券は4月4日まで利用できる。

「ピットポン」サービスの仕組み(図=左)と関連プレーヤーイメージ(図=右)
今回の実証実験の概要イメージ

関連キーワード

広告 | おサイフケータイ | クーポン | 電通


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう