調査リポート
» 2010年09月10日 11時40分 公開

2015年度のスマートフォンのシェア、市場の4割近くに――シード・プランニング調べ

シード・プランニングが、日本国内のスマートフォン/iPad(タブレット)の市場展望に関する調査をまとめ発表した。

[富永ジュン,ITmedia]

 シード・プランニングが9月9日、日本国内のスマートフォン/iPad(タブレット)の市場展望に関する調査のまとめを発表した。

 発表によると、2009年度のスマートフォンの販売数は、前年度比214%となる約240万台で、このうちiPhoneが170万台と市場シェアの71%を占めている状況。今後は、2010年度に約440万台、2015年度には2010年度の5倍となる2200万台へと大幅な販売台数の増加すると予想している。

Photo スマートフォンの国内販売台数は2015年度に2200万台へ

 また、国内の携帯電話契約数に占めるスマートフォン/iPad(タブレット)の割合は、2009年度末にはおよそ376万契約(3.4%)程度だったものが、2015年度に5200万契約(39%)へと増加することを予測した。

Photo 国内携帯電話契約数に占めるスマートフォン/iPad(タブレット型)の割合は、2015年までに約4割程度になると見る

 現在の搭載OSの割合は、iOSが63.8%、Androidが4%となっているが、2015年度にはAndroidがオープン性を武器に大きく躍進して47.3%、iOSが36.9%と逆転することが期待される。続くWindows Mobileも13.5%と予測しているが、iOSとAndroidの2強で約82%が占められるとしている。

Photo 2015年度にはAndroidとiOSのシェアが逆転する可能性も示唆

 なお法人市場では、2015年度に2440万台(契約)の規模にまで成長していると想定し、そのうちスマートフォン/iPad(タブレット)は1200万台(契約)で49%を占めるとの予想を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう