ITmedia総合 >  質問!ITmedia  >  B

「Backup Exec」最新質問一覧

Windows系OS
Backup EXEC 2010 メモリ問題
Windows server 2008 R2 をファイルサーバーとして利用しており、その中でBackup exec 2010 SP1にて、日次バックアップを取得しています。起動直後は6GBのメモリ中4GB程度空きがあり、徐々にスタンバイメモリが増えていくことは問題ないのですが、日次バックアップが動作...(2013/08/22)

その他(業務ソフトウェア)
Backup exec 差分からのリストア
Backup exec で、週次のフルバックアップと日次の差分バックアップを取得しています。これまで、私の認識では、例えば6/20のデータへ戻したければ、リストアの新規ジョブから、「リソース別」から「6/20のスナップショット」から特定のフォルダを選択し、リストアを実行す...(2013/06/20)

その他(業務ソフトウェア)
シマンテック BACKUP EXEC SYSTEM RECOVERY SERVER 7 について
シマンテックのBACKUP EXEC SYSTEM RECOVERY SERVER 7を2008年1月末に購入しサーバーのフルバックアップを外付けHDDへ行うようになりました。OS(2003サーバー)です。この度、ハードウェアの保守満了に伴い、サーバーの入替を行います。その際に問題になったの...(2009/11/12)

ハードウェア・サーバー
Backup Exec の メディアへの追記について
お世話になります。Backup Exec のジョブのプロパティに「デバイスとメディア」があり、「ジョブ開始時の書き込み方法」がありますが、ここで、「メディアに追記する」を選択した場合で、1つのテープに追記できなくなった場合、テープの最初から上書きされるのでしょうか...(2009/03/07)

その他(ITシステム運用・管理)
Backupexec 指定されたデータベースは存在しません のエラー
Windows2000環境でBackupexecを使用しています。サービスの "Backup Exec Device & Media Service"が起動できず、"指定されたデータベースは存在しません" のメッセージがでます。サービスアカウントは、MSSQL$BKUPEXEC サービスとは違うアカウン...(2007/04/17)

ネットワーク
Symantec Backup Exec 11d for Windows Serversにて
現在、下記の環境下でBackupExecの動作検証を行っております。Windows Server 2003 R2のサーバを立てて、バックアップしたい側のクライアント端末(Windows XP SP2)にBackupExecのリモートエージェントをインストールし、リモートエージェント経由でバックアップを行うと...(2007/02/14)

その他(ITシステム運用・管理)
Backup Exec バージョン8.60「メディアのマウントに失敗。」
こんにちは。お世話になります。メディアセットに2本テープをセットしてフルバックアップを実行させたのですが、「メディアのマウントに失敗。」と出て、バックアップできませんでした。どう設定したら、テープを2本使ってのフルバックアップが出来るのでしょうか?Backup ...(2006/06/12)

Windows NT・2000
BackupEXEC リモートバックアップが出来ない
Win2000Srv*2構成(AD構成)、BackupEXEC8.5(Remote Agent有)にて、リモート先のシステム情報をバックアップすると、===========================================================\\リモートサーバ名\System?Stateに接続できません。アクセスが拒否されました。システム...(2005/08/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。