ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「第一興商」最新質問一覧

カラオケ
第一興商のカラオケマシンDAM?G50について
知り合いが「第一興商」のカラオケマシン「DAM?G50」を中古で入手したのですが、取扱説明書が付いていませんでした。取扱説明書を入手する方法は無いでしょうか?ネットであちこち探してみたのですが見あたりません。第一興商のホームページからは入手できなさそうで...(2011/05/20)

その他(インターネット・Webサービス)
第一興商スターデジオを録音する方法
現在スカパーのデジタルラジオを、MDコンポにつないで録音しています。最近MDコンポの調子が悪いので、PCに接続してMP3プレーヤーで聴く事が出来ないものかと考えています。どなたか方法をご享受いただけませんか?パソコンのOSはvistaです。(DA-PortUSBはインストール不...(2011/05/03)

カラオケ
皆さん、こんばんは。第一興商のclub DAMについて質問です。DAM
皆さん、こんばんは。第一興商のclub DAMについて質問です。DAMカードは、申し込みをしたカラオケ店舗以外の店舗でもDAM設置店舗であれば、どこのカラオケボックスでも使えるのでしょうか?詳しい方がいらっしゃれば教えて頂きたいです。お願いします。(2010/05/30)

その他(音響・映像機器)
第一興商のカラオケ機器の接続方法について
第一興商 ボイスアダプター DAM-VA100とカラオケアンプ DAM-A5100 の接続方法、接続コード等をご存知の方がおられましたら教えてください。今はLDプレイヤーとアンプのみを接続して使用しています。またDAM-VA100は通信カラオケのみに使用するのでしょうか?どうぞよろし...(2006/10/23)

その他(趣味・娯楽・エンターテイメント)
第一興商のCM
こんにちわ!表記の件について、教えて下さい。“tuning future”と言って、4?5人の女性がバイオリンを演奏しているCMです。(曲は、女子十二楽坊も演奏している“勝利”です)知りたい事は、「これは単なるCMなのか、実在するバンド?」実在するとしたら、具体的な...(2005/11/08)

CM
「Straight from the heart」という第一興商CMソング
89?90年頃、”やがて世界が唄い出す”というコピーで、第一興商のCMに起用されていた曲で、「Straight from the heart」という女性歌手の曲があるのですが、(詞/リンダ・ヘンリック、曲/井上大輔 です)以前にもこちらで質問させて頂いた時に、やっと曲名が判り、ご親...(2005/09/21)

CM
89年頃の第一興商のCMなのですが…
89年頃、”やがて世界が唄い出す”というコピーで、第一興商のCMに起用されていた曲と歌手名を知りたいのですが、声の伸びる、高い声の黒人系女性歌手が歌っており、曲の出だしなのか、サビ部の頭なのかは不明ですがCMでの出だしの部分は、♪Straight from the heart?とい...(2005/09/14)

CM
第一興商の過去のCMについて
かなり昔にやっていた第一興商(カラオケ)のCMなんですが、メインで歌っていた男性が誰なのか知りたいのです。・夜の高層ビルの屋上がステージになっていた・メインは男性一人、バックコーラスに女性が3人位・全員外国人、男性は若めの長髪・ヒゲが生えていた・She is ...(2004/02/03)

その他(カメラ・ビデオカメラ)
第一興商のCD録音
第一興商(ビッグエコー系列)のカラオケレコーディングというサービスで、歌った曲をCDに焼いてくれるらしいんですけど、焼いた音楽データのフォーマットを知っている方いませんか?CDに録音した音楽データを自分で編集するため、音楽データの形式が知りたいです。ま...(2001/09/07)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。