ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「天元突破グレンラガン」最新質問一覧

アニメ・声優
もうグレンラガンの続編・新作は作れないんでしょうか
当時のメインスタッフはトリガーとして独立したけれど、版権はガイナックスが握ったままですし。(2014/05/04)

アニメ・声優
グレンラガンの権利、コナミはどうなりましたか?
第2次スーパーロボット大戦Zに「天元突破グレンラガン」が参戦したのは驚きました。あの権利にうるさいコナミがよく許可したな…と思ったら、コナミは去年の夏あたり?にグレンラガンの権利を手放した、という噂を聞きました。もしそれが事実なら、どなたか明確なソースを...(2011/01/18)

アニメ・声優
アニメの名前がしりたいんですけど・・・誰に聞いても天元突破グレンラガン
アニメの名前がしりたいんですけど・・・誰に聞いても天元突破グレンラガン?っていうんですw唯一覚えてるのが、主人公は男で剣でたたかいグレン団?っていうところでめっちゃ強いって設定。ヒロインには二刀流の女性とかロッドみたいなものをつかう人もいました。舞台は...(2010/03/01)

アニメ・声優
グレンラガンの解放版と放送版の違いって?
第6話だけだと思うんですが、解放版と放送版とあるんですが、何が違うのでしょうか?(2010/01/08)

アニメ・声優
天元突破グレンラガンについて
27話で天元突破グレンラガンへ変形する時に流れているBGMのタイトルを教えてください(´・ω・`)お願いします(2009/05/25)

アニメ・声優
グレンラガン年またぎ再放送の続きは?
去年の大晦日あたりから今月の最初に明けて「天元突破グレンラガン 年またぎテレビシリーズ集中放送」と題して再放送をやっていて、私は楽しみに見ていたんですが、第七夜で17話を放送した後、続きが放送されないんですがなぜでしょうか?公式サイトも見ましたがわから...(2009/01/13)

アニメ・声優
グレンラガン(劇場版とTV版)
少し前に劇場版のグレンラガンがありましたよね。テレビ版は全話とても楽しませてもらったのですが、劇場版は果たして見た方が良いでしょうか?公式サイトなど見ると最近よくある「焼き増し・再編集劇場版」のような印象でした。ということで、劇場版グレンラガンを見た人...(2008/12/18)

アニメ・声優
グレンラガンの映画について
グレンラガンの映画について聞きたいのですが、内容は本編の総集編的なものなのでしょうか?CMを見ると本編で見た場面しか映っていなかったのですが…。見た方にネタバレしない程度で中身がどうなってるのか教えていただけないでしょうか?(2008/09/26)

アニメ・声優
天元突破グレンラガン
天元突破グレンラガンに似たロボットアニメ探しています。知っている方教えてくださいお願いします。(2008/08/15)

アニメ・声優
グレンラガン1話の最初のシーン
グレンラガン第1話の最初に宇宙にいる彼らは誰なのでしょうか?昔アンチと戦っていた頃のロージェノムかと思ったのですが、グレン団の旗があったので違いますよね?(2007/12/02)

アニメ・声優
天元突破グレンラガンの大きさと、別件でスパロボ参戦が無理の噂
天元突破グレンラガン(最終形態)の大きさについてですが、銀河を越える程のサイズがあると書かれていましたが、ラストでアンチスパイラル(以降ASと略)に突撃する際に、天元突破より超銀河を射出、更にアークが射出、最後にグレンラガンが飛び出てグレンがラガンを放り投...(2007/10/21)

アニメ・声優
天元突破グレンラガン最終回
  シモンがアンチスパイラルをラガンインパクトで  倒しましたが、その直後アンチスパイラルに 「ならば、この宇宙必ず守れよ」と言われ シモンは「当然だ、人間はそこまで愚かじゃない」と 言いましたが、 シモンはニアが消滅した後すぐに、  一人(ブータと一...(2007/10/02)

アニメ・声優
「天元突破グレンラガン」のサイズは?(ネタバレになるかもしれません!!)
こんにちは。質問はタイトルどうりです。「天元突破グレンラガン」のサイズについていくつか質問させてください。1、劇中で最終メカ(?)として出てきた「天元突破グレンラガン」のサイズが気になります。月と同じ「銀河グレンラガン」が小さく見えたり銀河団よりも大き...(2007/09/30)

アニメ・声優
グレンラガンって子供に人気なの?
グレンラガンは面白くて好きな作品なのですが、はたしてこれが子供に受けてるのかどうかが気になります。時間帯的に子供(男の子)をターゲットにしているとは思います。でも、これは大人が見て面白さがわかるような気がして、本来の子供には人気は?っという気がします。実...(2007/07/07)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。