ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「三井不動産」最新質問一覧

その他(住まい)
三井不動産とモメてます。
築9年のマンションのリビングで、作り付け合板家具の扉(高さ230cm、厚み2cm、重さ14.8kg)が勢いよく落下。扉が外れてみて判明した扉の重さ、その可動扉が2枚(29.6kg)を1枚の厚みより薄い18mm穴あき合板の端にジョイント5箇所で接合。この支柱になる板の薄さと扉の重さ...(2015/08/28)

国内株
なぜ三井不動産は意図的に納税額を増加させますか?
三井不動産<8801> は、2014年05月27日、新株式発行を告知しました。「新しい事業投資のため」だそうです。私には、これが理解できません。まず第一に、勝手に株式を増加させてもいいのでしょうか。確かに、赤字で倒産しそうな企業が増資することは あります。その場...(2014/05/30)

経営情報システム
三井不動産は、株式会社オリエンタルランドにどのよう
三井不動産は、株式会社オリエンタルランドにどのような形で関わっているのでしょうか?大株主…意外の解答をお願いします。(2013/05/17)

賃貸・アパート
この間三井不動産の賃貸物件の入居審査に落ちました
この間三井不動産の賃貸物件の入居審査に落ちました契約者は主人で主人は従業人200人の建設会社の役員をやっています年収十分あります。保障人は私の母でマンションオーナーなので60過ぎてますけど収入はあります落ちるとは思わずだったのですが、私が悪いことに信用機関...(2010/05/12)

CM
三井不動産レジデンシャル・CMロケ地
 三井不動産レジデンシャルのCMで‘朝の散歩篇’や‘家路篇’の撮影場所となった、川沿いの高層マンションの見える所はどこですか? 「一番好きな道は帰り道」というフレーズも素敵なので、今月の東京旅行の際にぜひ一度行ってみたいです。(2009/07/05)

その他(ビジネス・キャリア)
三井不動産及び三菱地所
ディベロッパーについての勉強をしております。最大手の三井不動産、三菱地所の最大の強み、弱みは何でしょうか。それぞれ財閥系のネットワークが日本のみならず、世界まではりめぐされており、日本橋、丸の内という日本有数の場所に地盤を設けていることが簡単な特徴なの...(2008/08/28)

CM
三井不動産レジデンシャル
三井不動産レジデンシャルのCM曲教えてください!!お願いします。(2008/03/09)

海外アーティスト
三井不動産レジデンスのCM曲は?
三井不動産レジデンスのCM曲ですが、昔によく聴いたことがありましたが、誰の何ていう曲でしたか?(2008/02/24)

海外アーティスト
三井不動産レジデンシャルのTVCM家路篇の曲
三井不動産レジデンシャルのTVCMで、”家路篇”で流れている曲名、歌手を知っている方がいたら教えてください。(2008/01/02)

クラシック・オーケストラ
三井不動産レジデンシャルのCM音楽
http://www.mfr.co.jp/publicity/ここで流れている曲の名前を教えて下さい。お願いします。(2007/04/17)

CM
三井不動産レジデンシャル
三井不動産レジデンシャルのこのCMの曲名って何でしたっけ?どうしても思い出せない…。。よろしくお願いします。http://www.mfr.co.jp/publicity/tvcm/index.html?mFlag=1(2006/10/23)

CM
三井不動産のCMで使われている曲は?
テレ東のワールドビジネスサテライトの枠でよく流れているCMです。そこで流れている曲をご存知の方いませんか?クレジットが出ていないのでわかりません。「求め?なければ誰も♪・・・」という唄い出しです。どなたか教えてください。(2005/08/13)

その他(住まい)
三井不動産旧分譲のパーク・ノヴァシリーズに関して
中古マンションを購入予定です。三井不動産のパークシティ、パークホームズは知っているのですが、パーク・ノヴァは知りません。検索してみると結構出てきますが、マンションのブランドが資産価値の一要素であるがゆえに、パーク・ノヴァの評判を教えてもらえれば幸いです...(2004/02/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。