ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「のまネコ」最新質問一覧

ニュース・時事問題
のまネコ・のまタコについて
いまさらですが、のまタコってのまネコとどういう関係があるんでしょうか?一時期問題になったのまネコとかのまタコ問題というのは結局どうなったんでしょうか。あのキーホルダーとかストラップが欲しいのですが、どこかで売っているんでしょうか?お願いします(2007/12/03)

アンケート
のまネコ問題とかで、2CHの人々への視線・・・。
のまネコ問題とかで、2chをけなした報道がほとんどでした、さらに、2ch住民を馬鹿にする・罪をなすりつける。と言った行動が多かったというものを、よく情報で聞きます。正直に、馬鹿にした・けなしてしまった。と言う人はその理由を書き込んでもらいたいです(2005/11/13)

その他(インターネット・Webサービス)
のまネコについて
「恋のマイアヒ」についているDVDですが、あれと同じフラッシュを、HP上のフラッシュ倉庫で見ました。そのフラッシュがいつから置いてあるのか分かりませんが、avexが勝手にフラッシュをおまけのDVDにしたのか、それとも、DVDをフラッシュにしたか、非常に気に...(2005/10/06)

ニュース・時事問題
のまネコ
ネット上で話題ののまネコ問題ですが殺人予告はavexからの書き込みだったみたいですがなぜニュースでは放送しないんでしょうか?(2005/10/06)

その他(趣味・娯楽・エンターテイメント)
のまネコの問題の書き込みは2ちゃんねるのどの掲示板に? 
あるのか教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いします。(2005/10/04)

その他(社会問題・時事)
「ギコネコ」と「モナー」と「のまネコ」の違いは?
以前、「ギコネコ」を商標登録しようとした会社が非難されてやめましたが、今回同様な問題がなぜ発生したのでしょうか?「のまネコ」を登録しようとした会社は、・「のまネコ」はAAから(モナーのこと?)インスパイア(感化)されて作った (ひらたく言えば「モナーを...(2005/10/02)

その他(インターネット・Webサービス)
のまネコ問題
エイベックスが「のまネコ」Flash収録を中止へ 商標登録も中止依頼http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/30/news080.htmlこの記事について質問があります。この問題はなぜ、ここまでこじれたのでしょうか? エイベックスはなぜ普通に2ちゃんねるに許可をとって...(2005/09/30)

その他(法律)
自然発生的な「のまネコ」元祖の著作権者は?
「モナーネコ」を勝手に使ったということからレコード会社側が2ちゃんねる側から"逆襲"を受けてますが(下記URL)、「私が最初に描いた」という人のいないネコについて、法的な権利を主張できるのは誰と考えられるでしょうか?専門的な知識のある方の意見をお聞...(2005/09/27)

ブログ
「のまネコ」のインスパイヤ、なぜ問題になっているのですか?
お尋ねします。エイベックスが「のまネコ」や「おにぎりワッショイ」を使用したことに批判が集まっていますが、なぜ今になってこれほど問題になっているのでしょうか?私は2ちゃんねらーではないのですが、あのようなAAは掲示板で著作権フリーに使われているかと思います...(2005/09/21)

法務・知的財産・特許
のまネコ騒動?例えばモナリザを商標登録するとどうなるのでしょう?
最近、ネットで「のまネコ」についての議論を見かけて、著作権について興味が出ています。http://grassroots.hp.infoseek.co.jp/http://www.bmybox.com/~studio_u/nomaneko/例えば、モナリザを、眉毛を微妙に太くしたデザインでキャラクター化して、それを商標登録するのは...(2005/09/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。