ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「ソユーズ」最新質問一覧

その他(カルチャー)
米国や露ソ連の良き力を初めて意識させた文物人物は?
皆様の記憶にあるアメリカやソ連(ロシア)の良さ、最初に意識した文物人物は何某??Greatなアメリカagain!と最初に旗振ったのは、ハリウッド脇役上りの大統領でしたが、曰く偉大な物とは何だったか、未だ残照あった哉…、しかし黄金期の復活は土台無理で、若い世代には比較...(2016/12/16)

洋画
ゼロ・グラビティのスペースシャトル
 アルフォンソ・キュアロン監督のSF映画「ゼロ・グラビティ」(Gravity)は2013年に公開された映画であるのにもかかわらず、安全性とコストパフォーマンスの問題から2011年7月8日の打ち上げを最後に退役済みとなっているスペースシャトルが登場しているのは何故なのでしょう...(2016/08/13)

ニュース・時事問題
ソユーズがカザフスタンに着陸
若田さんが乗ったソユーズがカザフスタンの草原に着陸するそうですがバイコヌール宇宙センターに着陸しないのは何故でしょうか?(2014/05/14)

ニュース・時事問題
宇宙飛行士の報酬、どこの誰が、どんな仕組で、金額は
若田光一宇宙飛行士が、船長として乗船したロシアの宇宙船「ソユーズ」が打ち上げられた、との報道を見聞きしましたが、そこで、教えてください。日本人の宇宙飛行士、毛利衛から始まって、幾数人かおりますが、最後(重複除き)は古川聡のようですが、これら日本人宇宙飛...(2013/11/07)

科学
ソユーズ有人宇宙船のショートカット飛行について
3月29日に打ち上げ予定のソユーズ有人宇宙船(ソユーズTMA-08M)について質問です。これまでは、打ち上げられてからISSに到着するまでは約2日間かかっていましたが、ソユーズUロケットは、これを約6時間にまで短縮することに成功したそうです。完璧なタイミングで打ち上げ...(2013/03/23)

その他(社会)
種子島宇宙センターの発射台
種子島宇宙センターからちょくちょくロケットが打ち上がります…しかし毎回思うのですが何故か探査機や人工衛星などの無人ロケットばかりです有人宇宙船は打ち上げないのでしょうか?それとも事故った時とか世論の批判が怖いから わざわざロシアまで行ってソユーズに乗る...(2013/02/07)

科学
ソユーズロケットのエンジン噴射はなぜ煙が出ないの?
アメリカのスペースシャトルや日本のロケットは、打ち上げのエンジン噴射でとんでもない煙が出ますが、ロシアのソユーズは、まるっきり煙が出ないまま上昇しますね。燃料や燃焼に違いがあるのでしょうか・・?それぞれの方法を採用している理由はなんでしょうか?(2012/03/24)

その他(生活・暮らし)
ロト6への懐疑(長文)
1等とかの高額当選者は本当にいるの?という疑問の投稿をよく目にします。私もずっとそう思う一人です。ロト6が発売されてから、現在までの抽選回数は635回になります。この間の1等だけを取り上げてみると、1回の当選口数は平均2口とすれば、635回×2=1270口 人数にすれ...(2012/02/27)

天文学・宇宙科学
ソユーズ宇宙船の最新情報
ソユーズ宇宙船は小さくて、トイレが無いことは有名です。2002年にソユーズは大幅改善されて、トイレが設置されたような話も耳にしました。先端の丸いオービターと呼ばれるユニットに設置されたと聞いたような気がします。本当のところ、ソユーズ宇宙船にトイレはある...(2012/02/26)

その他(趣味・娯楽・エンターテイメント)
ISSの映像
http://www.youtube.com/watch?v=iOLh3Vxk0HM&feature=youtu.beシャトルもドッキングしているし、ソユーズもドッキング中です。だれが、どういう方法で撮影しているのでしょうか?この映像、飛行士が宇宙遊泳でもして撮影しているのでしょうか???お分かりの方、お願...(2011/07/19)

天文学・宇宙科学
国際宇宙ステーションやスペースシャトル等の中の空気
スペースシャトルやソユーズ等の宇宙船内の空気というのは搭載した酸素タンクを少しずつ解放して得ていて、それがアポロ13号のように故障したら酸欠になるのでしょうか?それとも水を電気分解して酸素を作るような酸素発生装置みたいな物も搭載していて大丈夫なのでしょう...(2011/06/28)

その他(学問・教育)
ソユーズとNASAスペースシャトルはどう違うのか?
ロシアのソユーズは当面、運用されるようですが、スペースシャトルとの違いは?なぜスペースシャトルは一方で、来月には引退していくのか? お聞きします。(2011/06/08)

その他(趣味・娯楽・エンターテイメント)
現役で活躍している日本の無人仕様のH-2Aロケットはどんな点で外国のロ
現役で活躍している日本の無人仕様のH-2Aロケットはどんな点で外国のロケットに比べて優れているのでしょうか、野口聡一宇宙飛行士が乗ったソユーズロケットのほうが、国際宇宙ステーションへ、有人飛行もできるし、プログレス無人補給船も運べるし、モルニアロケットとし...(2010/10/08)

物理学
人工天体への火器の搭載例
人工天体への火器の搭載例人工天体へ火器を搭載した例はあるのでしょうか?(ペネトレーター以外)ソユーズ7K-VIズヴェズダに無反動砲を搭載した事があるとかISSのクルーの中には拳銃を携行している者がいるなどの噂を聞いたことはあるのですが真偽が定かではありません。...(2010/09/04)

その他(社会)
アポロとソユーズはなぜドッキングできたのでしょうか。
アポロとソユーズはなぜドッキングできたのでしょうか。アメリカとソ連では、設計から規格から部品の一つ一つの規格から、すべて違っていたはずなのに、なぜ一番精度を要する、アポロとソユーズがドッキングできたのでしょうか。裏では、規格を統一していたとしか考えられ...(2010/05/26)

天文学・宇宙科学
日本人初の宇宙飛行士 秋山豊寛さんの評価は・・・
お世話になります。 日本人の宇宙飛行士もいまや珍しくなくなり、毎年、日本人飛行士の誰かが宇宙へ飛ぶ時代になりました。 日本人で初めて宇宙飛行をしたのはTBS記者だった秋山豊寛氏です。ソ連(当時)のソユーズロケットに搭乗して宇宙ステーション”ミール”に乗り換...(2010/01/16)

天文学・宇宙科学
「宇宙で寿司を握る」と宣言しているこの人をどう感じますか?
「宇宙で『すし』握るのが楽しみ」野口さん12月20日0時33分配信 読売新聞【バイコヌール(カザフスタン)=本間雅江】国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在にロシアの宇宙船「ソユーズ」で向かう野口聡一宇宙飛行士(44)が19日夜、バイコヌール市内の飛行士用...(2009/12/31)

科学
スペースシャトルとソユーズ、どっちがお得!?
先日、朝の番組でソユーズロケットが宇宙へ飛んでいくのを特集してたんですが、そこで、スペースシャトルとソユーズの比較をしてて、1機あたりの費用が、スペースシャトル 約900億円ソユーズ      約200億円って言っててスペースシャトルの場合は、人間プラス...(2009/12/22)

その他(社会)
ロケットとシャトルの違い
スペースシャトルとロケットの違いがわかりません。シャトルの打ち上げは、世界中の注目を浴びているようですが、ロケットは、シャトルほどニュースになっていない気がします。ロシアのソユーズはすでに、ISSにいって人が住んでるのに、なぜ後に宇宙へ行った、デイスカバリ...(2005/08/09)

科学
ソユーズの安全性>シャトルの安全性?
 テレビを見ていたら、シャトルは危ないのでソユーズで少しずつ乗員をおろせばよい、といった話があるようですが、ソユーズには耐熱タイル剥脱といった問題はないのでしょうか。ソユーズは打ち上げの際にもあまり報道されていないようでしたがロシアの宇宙技術はアメリカ...(2005/07/30)

その他(海外旅行・情報)
モスクワのトランジットホテル
バルカン半島へ行く経由地であるモスクワにて、往路復路共にトランジットホテルに泊まりたいと思っています。理由は単純明快ながら、ビザの取得が面倒だからです。さて、そこで質問なのですが、お薦めのトランジットホテルはありますでしょうか?安ければ尚嬉しいです。ち...(2005/02/17)

天文学・宇宙科学
帰還直後の宇宙飛行士について
 アメリカのスペースシャトル、ロシアのソユーズ。 今の所2国が宇宙船で人間を宇宙に送ることができますが、その帰還の様子をテレビ放送をされる場合もあり、宇宙飛行士のインタビューもあります。 でも、2つの飛行船には不思議に思った事があります。それはスペース...(2003/02/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。