ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「田原総一朗」最新質問一覧

ニュース・時事問題
田原総一朗の柳瀬唯夫・元首相秘書官に対する不適切発
田原総一朗の柳瀬唯夫・元首相秘書官に対する不適切発言に対してみなさんはどのように思われるだろうか?社会カテゴリー皆さんのご回答のほど、お待ちしております。https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/20180602-134-OHT1T50071.html(2018/06/02)

ニュース・時事問題
田原総一朗、大麻使用で逮捕
以前、田原総一朗が大麻を海外で使用したことを朝まで生テレビで語っていました。先日、フジテレビの昼の番組で大麻は外国で使用しても日本では警察に逮捕され懲役5年の刑罰となると、番組出演していた弁護士が語っており、「よく勘違いしている人がいる」と言っていました...(2016/11/20)

ニュース・時事問題
青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田原総一朗
は、http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290018-n1.htmlバージンに怒っていますか?(2016/07/30)

ニュース・時事問題
田原総一朗は謝罪も訂正もせず、朝日擁護
■田原総一朗「朝日新聞の『慰安婦問題総括』を読んで思うこと」http://dot.asahi.com/wa/2014081300029.html先月まで”朝まで生テレビ”で散々慰安婦問題やってきたのに、この人もボケましたか?それとも田原総一朗をボケたふりをさせてまでの工作ですか?(2014/08/15)

ニュース・時事問題
田原総一朗が敗訴 北朝鮮と拉致と見えない敵
「北朝鮮による拉致被害者の一部が生きていないことは、外務省もわかっている」との発言をめぐり、ジャーナリスト田原総一朗が敗訴した裁判で、田原は「控訴しない」と発表したようです。この裁判は拉致被害者・有本恵子さんの両親が慰謝料など1000万円の支払いを求め...(2011/11/11)

メディア・マスコミ
田原総一朗氏「殺せばいい」発言で逮捕される?
24日の朝生で、司会の田原総一朗氏が、「管さん辞めろというなら、具体的にどうやったらやめさせられるだろう?」とパネリストに問いかけたところ、具体的には無理だという意見で占められそうになりました。そのとき、司会の田原総一朗氏は「殺せばいい」と言い放ちました...(2011/06/25)

アンケート
田原総一朗さんについて何を思いますか?
ご自由にご意見ください。(2011/02/27)

ニュース・時事問題
【拉致被害者】田原総一朗氏が逝ったことはほんとうなんでしょうか【全員死亡】
本当なの?・・・(´・ω・`)ショボーン(2009/08/08)

歴史
田原総一朗が太平洋戦争の総括をしていないと言う理由
以前にも似たような質問をしましたが「総括はできない」「総括はしている」などありましたので、改めて田原総一朗が「日本は(太平洋)戦争の総括をしていない」と言う理由を教えてください。(2009/07/16)

九州・沖縄地方
熊本に田原総一朗が来るって??
10/21(火)に、田原総一朗さんが熊本に来て講演会(セミナー)をするらしいんですが、会場が分かりません!どなたか会場を知ってる方は教えてください。ちなみに、どんな講演の内容かもわかったら教えていただけるとうれしいです!!(2008/10/20)

俳優・女優
田原総一朗について
 はじめまして。 質問なんですが、田原総一朗が学生の頃、よくストリップに通っていたと聞いたんですが、これは本当なんでしょうか? もし、これが本当なら私もストリップに通おうかと思います。堂々と。 ご回答よろしくお願いします。(2006/02/10)

各種テレビ番組
先週のサンプロの田原総一朗の勘違いとは?
 他愛ものない好奇心からの質問です。テレ朝のサンデープロジェクトの司会(司会なのか?)の田原総一朗氏は先週の番組の冒頭、コメンテーターの一人である財部氏の発言を激しい言葉でさえぎったとのことですが、いったいこれはどういうことだったのか事の詳細をご存じの...(2005/06/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。