ITmedia総合 >  質問!ITmedia  >  W

「W-OAM」最新質問一覧

関連キーワード

WILLCOM
主に通話で使うのですが・・、W-OAMについて
 現在サンヨーのH-SA3001Vを使っておりますが、日本無線のWX321Jへの機種変更を考えております。もっとも期待しているのはW-OAMによる通話性の向上ですが、ウイルコムのHPでは「従来と比べて屋内や高層ビルの間など弱電界エリアにおける電波到達度がアップしているため、...(2009/10/18)

WILLCOM
W-OAM対応機種かnico+で迷っています…。
ウィルコムサービスセンターの総合受付へセービスエリアの確認をしたのですが「500メートル以内のアンテナ数は2本で対応エリアです。ただ高い建物などがあると話しづらい事もあるかもしれないです」と言われました私の家は団地内で周りは家ばかりなので特にビルなどの高い...(2009/04/09)

WILLCOM
W-OAM の到達距離
W-OAM の到達距離について教えてください。実験結果のページでもかまいません。ただし、http://csmap.org/wiki/index.php?%C5%C5%C7%C8%C5%FE%C3%A3%B5%F7%CE%A5%A4%CE%B8%A1%BE%DA#k4746076これ以外でお願いします。特に知りたいのは BPSK での最大到達距離です。通話の...(2008/05/15)

WILLCOM
W-OAM対応のSIMカードに変えるメリット
はじめまして。WILLCOMのW-ZERO3[es](初代)ユーザーです。メールとWebブラウズをメインに、通話は必要最小限に使っておりますが月額6,000?8,000円と携帯利用時に比べ安く済んでいますので満足しております。ただWebブラウズの速度が遅いので、W-OAM対応のSIMカードへの変...(2007/11/10)

WILLCOM
W-OAMについて
W-OAM(高度化アンテナ)ということば良く聞きますが、8本型が高度化であり、たまに4本型2段重ねも見ますが、4本型は従来型ということなのでしょうか。私が住んでいる周りは8本型と4本型が混在していて、このような環境では現実的には4×、8×でどの程度の速度が出...(2007/11/09)

その他(スマートフォン・携帯・タブレット)
WillcomのW-OAMエリアについて
はじめまして。現在、W-ZERO3[es]を使っています。データ定額プランでwebブラウズしておりますが、やはり速度の遅さが難点です。で、少し前に登場したW-OAM対応のSIMカードに替えようかと検討しておりますがショップの店員いわく「まだエリアは狭い。公表されていないので...(2007/07/10)

WILLCOM
W-OAMのアンテナは見た目で分かりますか?
部屋から5mぐらいのところにアンテナがあります。そのアンテナがW-OAM対応かどうかはWillcomに電話で問い合わせないと分からないでしょうか?8本槍のやつだとおそらくW-OAM対応だと思うのですが、4本槍でもW-OAM対応はあるのでしょうか?目視できる範囲で3本のアンテナが見...(2007/05/01)

その他(スマートフォン・携帯・タブレット)
ウィルコムW-ZERO3[es]でW-OAM通信するには?
はじめまして。現在ウィルコムのW-ZERO3[es]を愛用しておりますがWebブラウズの速度が遅いのが不満です。最近のリリースで、来年2月よりW-OAMの端末が導入され速度も1.6倍になるとありました。そこで気になる点がいくつかあります。(1)単純に現在のW-SIMカードをW-OAMカ...(2006/11/22)

その他(スマートフォン・携帯・タブレット)
ウイルコムW?OAM
W?OAMの新機種を購入(予約)しようと思います。W?OAMの全国展開が完了するのはいつごろですか。数ヶ月ですか、数年ですか。(2006/02/01)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。