塩田紳二

塩田紳二がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

記事一覧

Windows 10 The Latest:

Windows 10では従来のWindows OSと異なり、年2回、大型アップデートの提供が行われるようになった。それに伴い、サポート期間もバージョンごとに設定されるなどの変更が行われており、かなり複雑なものとなっている。本稿では、アップデートの提供タイミングならびにそのサポート期間などを整理する。

()

ITの教室:

PCやスマートフォンに限らず、身近なところにある「USB」。だが、同じUSBでもさまざまな形状のコネクターがあったり、安いケーブルではデータ通信ができなかったり、と不思議なことも多い。この「USB」という規格について解説していく。

()

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第10回】

「Windows Server 2016」の新機能で多くの関係者が関心を寄せているのがコンテナ機能の導入だ。ほぼLinux環境限定だったコンテナ機能をWindows Server 2016で使うために確認しておきたいポイントを紹介する。

()

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第6回】

体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためには必ずやらなければならないインストール。前回作成したインストールメディアを使って導入作業を進めてみる。

()

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第5回】

この連載は、体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を実際に試しながら覚えてもらうのが、そもそもの目的だ。しかし、その導入にはちょっとしたコツが要る。

()

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】

新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

GUIだけでは面倒な定型処理なども、コマンドラインを使えば効率よく作業できる。今回は、繰り返し処理を行うfor文を解説。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

GUIだけでは面倒な定型処理やシステムのメンテナンスも、コマンドラインを使えば効率よく作業できる。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

GUIだけでは面倒な定型処理やシステムのメンテナンスも、コマンドラインを使えば効率よく作業できる。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

今回は、スクリプト処理における繰り返し処理(ループ構造)と、環境変数、パラメータ の扱いについて解説する。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

今回は、状況に応じた動作を可能にするために条件判断と組み合わせて使用される「ジャンプ」にスポットをあてる。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

今回は、コマンドラインを使用する大きな目的の1つであるスクリプト(バッチファイル)に注目する。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

GUIだけでは面倒な定型処理やシステムのメンテナンスも、コマンドラインを使えば効率よく作業できる。

()

Windows 2000 活用講座 Windows 2000 コマンドライン徹底活用:

GUIだけでは面倒な定型処理やシステムのメンテナンスも、コマンドラインを使えば効率よく作業できる。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第10回:

W-CDMAは、NTTドコモ、ボーダフォンなどが採用しており、日本ではメジャーな3Gの通信方式です。今回はまず、W-CDMAとcdma20000の違い、CDMAの通信方法などについて見ていきましょう。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第9回:

携帯電話を「セルラーホン」と呼ぶのは、1つの「セル」に1つの基地局を配置するシステムを使っているからです。なぜそのような仕組みになっているのでしょうか? また、PHSのセルシステム、ハンドオーバー処理についても併せて解説します。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第8回:

次世代通信技術と目されているOFDMには、ほかの通信方式と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか? ガードインターバル、グレイコードについても説明します。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第7回:

3.5Gの先の次世代通信技術で利用が見込まれるOFDMは、IEEE 802.11a/gやワイヤレスUSBなどですでに実用化されている技術です。今回は、そのOFDMについて説明します。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第6回:

前回お話したように、無線で通信ができるのは「変調」という技術のおかげです。今回は無線LANやBluetooth、CDMA方式の携帯電話などで採用されている変調方式について解説します。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第5回:

無線で通信ができるのは、伝えたい情報を電波に載せる「変調」という操作のおかげです。ASK、FSK、PSKなどの変調方式のほか、より多くの情報を送るためのQPSK、16QAMなどについても解説します。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第4回:

電話を少し動かしただけで電波の受信状態が変わる理由、ダイバシティアンテナとは何をするものか、偏波とは何か──前回に引き続き、電波についてお話しします。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第3回:

携帯電話は電波を使って通信しています。しかしそもそも電波とは何なのでしょうか? 最近話題に上ることが多い“周波数帯”についても解説します。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第2回:

日本の2G携帯電話は、NTTドコモやボーダフォン、ツーカーが採用しているPDCと、KDDIが採用しているcdmaOneとに分けられます。今回は2つの違いについて見ていきましょう。

()

塩田紳二のモバイル基礎講座 第1回:

本連載では「モバイル基礎講座」と題して、通信やコンピュータなどに関する気になる用語を取り上げ、分かりやすく解説していく。第1回目で取り上げるのは“3G携帯”などというときの「G」だ。

()

Java Studio CreatorがJavaOne 2004で正式発表された。コンポーネントをドラッグ&ドロップでページ上に配置、そこに必要なロジックをJavaで記述していく、いわゆるビジュアル開発環境。Javaデベロッパーのすそ野拡大という期待もかかる。

()

サンフランシスコのJavaOneで新しい3Dデスクトップ環境、「Project Looking Glass」がオープンソースとして公開された。ハードウェアの進化に合わせ、ユーザーインタフェースも進化すべきだと始まった同プロジェクトが目指すものは何だろうか?

()