三木泉

三木泉がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

記事一覧

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(3):

米Googleが2017年3月初めのクラウドイベント「Google Cloud Next 17」で強く主張したのは、「オープン」であることだ。だが、他のメガクラウドベンダーもオープンさを強調してきた。では、Google Cloud Platformがオープンさで他社と根本的に異なることはあるのか。また、オープンさがビジネスとどうつながるのだろうか。

()

巨大なITベンダーというだけなのか:

デルとEMCグループの統合により、Dell Technologiesという巨大なITインフラベンダーが誕生した。だが、巨大だというだけなのか。今後どんな企業グループになることを目指しているのか。トップであるMichael Dell氏に、直接たずねた。

()

Google I/O 17で「Cloud TPU」を発表:

米グーグルが開発者向けイベント「Google I/O 17」で、同社のコンシューマー向けサービスにAI/機械学習を広範に適用、これによってサービスプロダクトを相互に結び付け、システマチックに進化させていることをアピールした。その裏にはもちろん、TensorFlowとGoogle Cloud Platformがある。同社は機械学習処理を高速化する「Cloud TPU」、Androidデバイス上のAI処理のための「TensorFlow Lite」について、併せて紹介した。

()

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(2):

米グーグルは2017年5月16日(米国時間)、パブリッククラウドサービスGoogle Cloud Platformで、リレーショナルデータベースサービス「Cloud Spanner」の本格提供を開始した。本記事では、2017年3月に開催されたGoogle Cloud Next 17のセッションと、2017年5月に発表された論文から、Cloud Spannerとは何かをあらためて紹介する。

()

Red Hat Summit 2017:

米レッドハットは、2017年5月第1週に開催した年次カンファレンス「Red Hat Summit 2017」において、アプリケーション開発・運用関連で複数の大きな発表を行った。統合的なクラウドネイティブアプリ開発・運用環境の提供、企業における従来型アプリケーションのモダナイズ、エンタープライズJava開発者のクラウドネイティブな世界への移行といった課題への同社の回答が、ひととおりの完成形に近づいてきたと解釈できる。

()

ソリューションの開発も:

ニュータニックス・ジャパンは2017年5月16日、同社のITインフラ運用ソフトウェア「Enterprise Cloud Platform(以下、ECP)」をベースとしたソリューションの開発やベストプラクティスの確立などを目指すグループ「Enterprise Cloud Association」を設立したと発表した。

()

ヴイエムウェアが初の公開デモを実施:

米ヴイエムウェアとAmazon Web Services(AWS)が2017年中ごろに提供開始予定の「VMware Cloud on AWS」。2017年5月第2週に開催された「Dell EMC World 2017」で、初の公開デモが実施された。本記事ではデモの画面を収録し、このサービスがどのように使えるのかを紹介する。

()

Dell EMC World 2017:

米Dell EMCは2017年5月8日(米国時間)、ラスベガスで開催中のDell EMC Worldで、同社のハイパーコンバージドインフラ(HCI)全製品を対象とした、ユニークなクラウド的購入モデルを発表した。また、「Dell EMC VxRail」と「Dell EMC XC」で、2万5000ドル、つまり約280万円からの低価格機種を発表した。

()

「日々進化するインフラ」とは:

富士通は2017年5月8日、プライベートマネージドOpenStackの提供でミランティスと提携したと発表した。既報の通り2017年6月以降、提供を開始する。だが富士通は、既にOpenStackおよびこれに基づくサービスを複数の形で展開している。同社は何を目的として、さらにミランティスと提携するのだろうか。

()

ホステッドとオンプレミスの2形態:

富士通とミランティスは2017年5月8日、ミランティスのOpenStackディストリビューション/サービスの提供について、戦略的協業契約を結んだと発表した。富士通は2017年6月以降、同社のプラットフォームソリューション「MetaArc」の一部として、ミランティスのOpenStackを提供していくという。

()

6億1000万ドルの現金で:

米シスコシステムズは2017年5月1日(米国時間)、SD-WANの最有力ベンダーともいえる米Viptelaを買収する意向であることを明らかにした。シスコは6億1000万ドルを現金で支払う。米Viptelaは最終合意に達したと表現している。買収は慣例的な手続きおよび規制当局による審査を経て、2017年第2四半期中に完了する見通しという。

()

Amazon Chimeとも将来連携?:

米アマゾンが、パーソナルアシスタント機能を備えたスピーカーシリーズ「Amazon Echo」の新製品、「Echo Look」を発売した。あまりスタイリッシュとはいえない形状をしているが、「スタイルチェック」、つまり服のコーディネートをチェックできる機能を備えるという。

()

共同創業者でCEOのMarietti氏に聞いた:

買収の続くAPIマネジメントの世界において、オープンソースかつ独立企業として注目を集めつつあるのがMashapeだ。2015年にオープンソース化した「Kong」は、200万以上ダウンロードされたという。CEOのAugusto Marietti氏に、同社の戦略を聞いた。

()

Kubernetesも製品の一部:

米ミランティスおよびミランティスジャパンは2017年4月20日、OpenStack、Kubernetesをはじめとするオープンソースソフトウェアにより、ITインフラとCi/CD環境の運用を統合的に自動化する「Mirantis Cloud Platform 1.0」を発表した。Ceph、Open Contail、Calicoを「決め打ち」で搭載する。

()

LinuxKitは壇上でオープンソース化:

米Dockerは2017年4月18日(米国時間)、同社のイベント「DockerCon 2017」で、新たなオープンソースプロジェクト「Moby Project」を発表。一方で軽量Linux構築ツールキット「LinuxKit」をオープンソース化した。

()

モバイル端末で自動認証:

シスコシステムズは2017年4月13日、ユニークなオールインワンの会議端末「Cisco Spark Board」を国内発表した。また、KDDIは、Cisco Spark、Cisco Spark Boardを2017年7月に販売開始するとともに、これを使ったクラウドPBXサービスを提供する予定であることを明らかにした。

()

「SD-HCI」という名称で提供:

ネットワンシステムズは2017年4月5日、アリスタネットワークス、ヴイエムウェアのそれぞれ本社と提携して設立した新会社を通じ、独自開発のハイブリッドクラウドネットワークソフトウェアパッケージ「SD-HCI」を7月に提供開始すると発表した。

()

管理ソフトウェアは日本語対応:

シスコシステムズは2017年3月14日、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品「Cisco HyperFlex」で、新版のHyperFlex 2.0を国内発表した。オールフラッシュ構成の実現、40Gbpsイーサネットインタフェースへの対応、データ保護関連の強化、管理コンソールの刷新と日本語化、などが新しい。

()

BOSHからKubernetesクラスタ管理:

米グーグルと米Pivotalは2017年3月10日(米国時間)、Cloud Foundryで活用されてきたデプロイ/運用支援ツールBOSHにより、Kubernetes環境のライフサイクル管理を行うオープンソースソフトウェアであるKuboの開発プロジェクトを立ち上げたことを明らかにした。

()

Google Cloud Next ’17:

米グーグルは2017年3月10日、Google Cloud Next 17の3日目の基調講演で、15のサービスにおける永久無料枠を発表した、また、新規ユーザーを対象に、12カ月間有効な300米ドル分の無料試用権を提供開始した。

()

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(1):

Spotifyは、Google Cloud Platformへの移行作業を進めている。移行に当たっては、同サービスの仮想ネットワークセグメント運用機能を活用しているという。これについて、米グーグルとSpotifyの担当者が説明した。

()

予測分析機能を他の製品にも適用:

米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は2017年3月7日(現地時間)、フラッシュストレージの有力ベンダーであるNimble Storageを買収することで、両社が最終的な合意に至ったと発表した。

()

なぜ自動修復は機能しなかった?:

米Amazon Web Services(AWS)は2017年3月2日(現地時間、以下同)、2月28日に数時間にわたって発生した米国東部(US-EAST-1)リージョンにおけるストレージシステム(Amazon S3)の障害について、同社のWebサイトにその経緯を説明した。

()

ライセンスはApache v2に変更:

Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は2017年3月1日(米国時間)、米グーグルが運営してきたgRPCを、同ファウンデーションにおける6番目のプロジェクトとしてホストすることを明らかにした。

()

re:Invent 2016で発表済み:

Amazon Web Services(AWS)は2017年2月23日(米国時間)、2016年の同社年次イベント「AWS re:Invent 2016」で発表していた最大で仮想CPUを64、メモリを488GB、NVMe SSDを15.2 TB搭載する仮想インスタンス群である「I3インスタンス」を、東京を含む15のリージョンで提供開始したと発表した。

()

SD-WANは、何をしてくれるのか(6):

シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる。

()

Cloud MLでも利用可能:

米グーグルは、クラウドサービスGoogle Cloud Platform(GCP)で、NVIDIA Tesla K80 GPUのパブリックベータ提供を開始したことを明らかにした。提供リージョンは「us-east1(サウスカロライナ州バークレー)」「asia-east1(台湾)」「europe-west1(ベルギー サン・ギスラン)」。

()

主要オーケストレータを全て使える:

 米マイクロソフトは2017年2月21日(米国時間)、Microsoft Azureのコンテナクラスタリングサービス「Azure Container Service(ACS)」で、2月22日にKubernetesを一般提供開始すると発表した。ACSでは既にDocker Swarm、DC/OSを一般提供しており、これによって主要な3つのコンテナオーケストレータを本格サポートの下で利用できる唯一のクラウドサービスになったとしている。

()

「ミッションクリティカル用途に利用可能」:

米グーグルは2017年2月14日(現地時間)、パブリッククラウドサービスGoogle Cloud Platformで、従来のリレーショナルデータベースと同様にトランザクションの一貫性を保証する一方、水平なスケーリングとデータ分散を実現したデータベースサービス、「Cloud Spanner」のパブリックベータを提供開始したと発表した

()

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(1):

2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック。205カ国のアスリート1万1303人が参加、チケットは610万枚以上を販売したという。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策についての、現地担当者たちの講演の前編をお届けする。

()

AWS Workspaces提供全リージョンで利用可能:

米Amazon Web Servicesは、仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」において、ユーザーがオンプレミスのActive Directoryの認証情報をそのまま用い、Amazon Workspacesにログインできることになったことを明らかにした。Amazon Workspacesへのログインで、ドメインネームを指定する必要はない。

()

顧客層の拡大を狙う:

NECは2017年2月9日、同社のSDN(Software Defined Networking)ソリューションで、新たな製品・サービスを2017年3月より順次提供開始すると発表した。運用を外部に委託したい組織、および中堅・中小企業への同社SDNソリューションの普及を目指している。

()

VeloCloudはクラウド指向を強調:

米VeloCloud Networksとネットワンシステムズは、VeloCloudのSD-WAN製品/サービスと、これに基づくネットワンの「クラウドSD-WANサービス」について説明。このなかで顧客事例として、三谷産業が本社とベトナム拠点を結ぶSD-WANの利用について語った。

()