三木泉

三木泉がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

記事一覧

Interop Tokyo 2018の歩き方(3):

2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを、Best of Show Awardノミネート製品を通じて紹介する本連載。第3回の今回は、AI、IoT、サーバ、ストレージなど、ノンジャンルで特徴的な製品を紹介する。

()

Interop Tokyo 2018の歩き方(2):

2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを紹介する本連載。第2回ではSD-WANを中心とした製品・サービスに焦点を当てる。

()

Interop Tokyo 2018の歩き方(1):

2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを、Best of Show Awardノミネート製品を通じて紹介する本連載。第1回の今回は、アナリティクス編として、ネットワークデータ分析を生かした製品を紹介する。

()

AWSとオープンソース(1):

Amazon Web Servicesが、オープンソースへの取り組みを強めている。同社は具体的に、何をどのようにやろうとしているのか。AWSクラウドアーキテクチャ戦略バイスプレジデントのエイドリアン・コックロフト氏へのインタビューを、2回に分けてお届けする。前半では特に、Kubernetesベースのコンテナ管理基盤運用サービスを提供開始した理由などを聞いた。

()

リードオンリーBIユーザーの課題にも対応:

Amazon Web Services(以下、AWS)は2018年6月1日、AWS Summit Tokyo 2018で、機械学習プロセス自動化サービス「Amazon SageMaker」およびBIツールの「Amazon QuickSight」についての新機能を紹介した。SageMakerはChainerに対応、QuickQightはライセンスコストの無駄を防ぐ新料金体系が注目される。また、AWS Fargateを東京リージョンで2018年7月に提供予定という。

()

データサイエンティストが活躍する現場(1):

データサイエンティストが活躍する現場とはどのようなものなのか。2018年5月に開催された「SAS FORUM JAPAN 2018」で、データ分析関連人材の雇用や養成に積極的な企業のデータ関連部署担当者やデータサイエンティストが集まり、各社の事業におけるデータ分析の役割や、データ分析スペシャリストのキャリアについて、学生に向けて4セッション、約4時間にわたって説明した。本記事では、これらのセッションのうち、コニカミノルタジャパンとNTTドコモの講演をリポートする。

()

「KubernetesはIaaS+」:

IBMとSUSEは、サービスとソフトウェアという提供形態の違いはあるものの、どちらもCloud FoundryをKubernetes上で動かすソリューションを推進している。その狙いはどこにあるか。メールインタビューと資料から探る。

()

ネットワークと端末で検知・防御:

ジュニパーネットワークスは2018年5月25日、端末セキュリティのカーボン・ブラック・ジャパンとの連携に基づくマルウェア対策ソリューションについて説明した。ネットワークと端末の双方におけるマルウェアの検出および防御を実現する。

()

ラスベガスでスマートシティーへの取り組み:

Dell TechnologiesとNTTグループは2018年5月初め、米ネバダ州ラスベガス市でスマートシティーに関する共同実証実験を開始すると発表した。これについて2018年5月17日、NTT代表取締役副社長の澤田純氏と、Dell EMC サービスおよびデジタルIT担当プレジデントのハワード・エライアス氏が東京都内で説明した。

()

VeloCloudの今後は?:

VMwareのクラウド&ネットワーキング担当CTO、グイド・アッペンツェラー氏は2018年5月17日、同社が5月1日(米国時間)に発表したネットワーキング/セキュリティの新ビジョン、「Virtual Cloud Network」について説明した。買収したVeloCloudのSD-WANソリューションとしての機能は、今後も維持、発展させていくという。

()

「分析ライフサイクル全体が対象」:

ディープラーニングを含む機械学習のプロセスを自動化する製品・サービスが増えている。SAS Instituteの「SAS Viya」も、こうしたソリューションと比較して検討するケースが多いと考えられる。では、SAS Viyaは、他の機械学習自動化ソリューションと比べてどのような特徴があるのだろうか。

()

クラウド接続ではMicrosoft Azureに対応:

VMwareは2018年5月1日(米国時間)、VMware NSXに基づくネットワーク仮想化への取り組み、「Virtual Cloud Network」を発表した。最大のニュースは、同社が買収していたVeloCloudの製品を統合したことにある。一方、データセンター製品ではコンテナに対応、パブリッククラウド接続では、Microsoft Azureに対応した。

()

新バージョン名は「Tableau 2018.1」:

Tableauは2018年4月24日(米国時間)、セルフサービスBIプラットフォームの「Tableau」で新バージョン「Tableau 2018.1」を発表した。最大の目玉は、データプレパレーション(データ準備)機能「Tableau Prep」の投入。また、Tableauはロールベースの新サブスクリプションライセンスを導入した。

()

運用フェーズでも「Intent」に対応:

「Intent-based Networking」とは、文字通りに訳せば「意図に基づくネットワーキング」だが、抽象的な言葉であり、具体的に何を意味するかは製品によって異なる。本記事では、Apstraの製品におけるIntent-based Networkingの現在と今後について、同社への取材に基づきお届けする。

()

SUSE Cloud Application Platformも認定される:

IBMは2018年4月18日(米国時間)、米国ボストンで開幕した「Cloud Foundry Summit 2018 Boston」で、Cloud FoundryをKubernetes上で動かす「IBM Cloud Foundry Enterprise Environment」の試験提供を開始したことを明らかにした。

()

特定リージョン指定は世界初:

Googleは2018年4月18日、Google Cloud PlatformでデータウェアハウスサービスBigQueryの東京リージョンにおける提供を開始した。今回の発表で、世界で初めてユーザーがデータを置くBigQueryのリージョンを指定できるようになった。

()

小さな成果の積み重ねを目指す:

「世界でここでしか手に入れることのできないデータがあるから」という理由で東京電力グループに入ったデータサイエンティストの大友氏は、巨大な組織の中でいわゆるMVP、小さな成果を積み重ねる活動を進めようとしている。

()

チップ、OS、クラウドで構成:

Microsoftは2018年4月16日(米国時間)、セキュリティ確保を目的とした新IoTソリューション、「Azure Sphere」を発表した。チップ、LinuxベースのセキュアOS、Microsoft Azureによるサービスの三位一体で構成される。Linuxを採用している点が注目される。

()

日本法人の堀田社長にも聞いた:

SAS Instituteは、2018年4月第2週に米コロラド州デンバーで開催した「SAS Global Forum 2018」で、ディープラーニング/AIを前面に押し出し、具体的に語った。日本法人SAS Institute Japanの堀田徹哉社長による解説および日本市場での展開を含めて、「SASの今をお届けする。

()

可視化ツールで学ぶWAN入門(2):

本連載では、ツールによる可視化を通じ、WANの世界を垣間見てみます。今回は、Office 365のWAN通信を可視化してみます。また、VoIPのトラブル対応についても考えます。

()

サディーシュ・ネア氏に聞いた:

Nutanixが現在掲げる「エンタープライズクラウド」という言葉は分かりやすいとはいえない。そこで「等身大のNutanix」を理解するため、同社プレジデントのサディーシュ・ネア氏にさまざまな疑問をぶつけてみた。

()

SD-WANはどうなっているか(1):

「SD-WANは消え去る」という人がいるが、そんなことはない。「SD-WANニーズは今後もますます高まる」と、確実に言える。理由はシンプルだ。硬直的なWAN運用は、ますます機動性と効率が求められる企業のビジネスに合わなくなってきているからだ。

()

可視化ツールで学ぶWAN入門(1):

本連載では、ツールによる可視化を通じ、WANの世界を垣間見てみます。初回である本記事では、インターネット接続を支える役割を果たしているものの、脆弱性が指摘されるBGPプロトコルを扱います。

()

今と未来をどうつなぐか:

Dell EMCの日本法人であるデルとEMCジャパンは2018年3月20日、両社の機能統合について振り返ると共に、新年度の事業戦略について説明した。ここでは、グローバルと日本における動きを踏まえ、統合の成果と課題についてお届けする。

()

「ローカル」リージョンと呼ぶ理由:

Amazon Web Servicesが2018年2月13日に開設した「AWS大阪ローカルリージョン」が「ローカル」リージョンと呼ばれるのは、通常とさまざまな点で異なる、特別なリージョンだからだ。これについてアマゾンウェブサービスジャパンが説明した。

()

Pivotalのスコット・ヤラ氏に聞いた:

Pivotal Cloud Foundry 2.0ではKuberenetes環境の統合が大きなトピックだ。Pivotalはどのような考えの下に、どのような形でKubernetesを提供しているのか。Pivotalのスコット・ヤラ氏に聞いた話を含めてお届けする。

()

新規事業の模索にも活用:

DataRobotの日本法人が、「市民データサイエンティストのための」ノンプログラミング機械学習ソフトウェア/サービス「DataRobot」で、ライセンスとサービスを組み合わせたパッケージを発表した。前日に実施された説明の場では、大阪ガス情報通信部ビジネスアナリシスセンター所長の河本薫氏が、DataRobotの活用経緯について話した。

()

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(5):

本連載では、サーバレスコンピューティング(以下、サーバレス)を解説したCloud Native Computing Foundation(CNCF)のServerless Working Groupによるホワイトペーパー、「CNCF Serverless Whitepaper v1.0」を完訳してお届けしている。今回は最終回として、CNCF Serverless Working Groupとしてのレコメンデーションに関する部分をお届けする。

()

新たにロンドンとフランクフルトに展開:

VMwareは2018年3月7日(日本時間3月8日)、VMware Cloud on AWS(以下、VMC on AWS)で、多岐にわたる発表を行った。発表の柱は、一般提供開始(GA)、欧州での展開、パートナープログラムの発足、機能の拡充。機能に関しては、オンプレミスからVMC on AWSへの移行を積極的に促すようなものが増えた。

()

CNCFは16のプロジェクトをホスト:

クラウドネイティブアプリケーション開発・運用関連のオープンソースプロジェクトをホストするなどの活動を行っているCloud Native Computing Foundation(CNCF)は2018年03月6日(米国時間)、Kubernetesを最初の「卒業プロジェクト(Graduated Project)」に認定したと発表した。同プロジェクトはこれまでIncubating Projectのステータスにあった。

()

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(4):

本連載では、サーバレスコンピューティングの概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けしている。第4回は、サーバレスアーキテクチャとはどのようなものかを、技術的に解説した部分を掲載する。

()

Ruckusのダン・ラビノヴィッツCEOに聞いた:

Mobile World Congress 2018では、5G通信が脚光を浴びた。だが、全てのユースケース、アプリケーションが5Gに移行するわけではない。現実には5Gを補完し、あるいは5Gと関係なく、各種の無線通信技術が使われていく。この点で興味深い動きを見せているRuckus Networksの、ダン・ラビノヴィッツCEOに聞いた。

()

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(3):

本連載では、Cloud Native Computing Foundationのサーバレスコンピューティングホワイトペーパーを完訳し、計5回の連載として掲載している。第3回は、コンテナオーケストレーション、PaaS、サーバレスの使い分け、および併用についての解説をお届けする。

()

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(2):

本連載では、サーバレスコンピューティングの概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを分かりやすく解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けする。第2回は、コンテナオーケストレーション、PaaS、サーバレスの3つのクラウドネイティブアプリケーションプラットフォームについて、それぞれの想定ユーザー、長所と短所などを説明した部分を掲載する。

()

各種の消費モデルをカバー:

ニュータニックス・ジャパンは2018年2月27日、日本国内における同社ソフトウェア「Enterprise Cloud OS」単体ライセンスの正式提供開始を発表した。このソフトウェアライセンスプログラムは、複数の意味で興味深い。

()

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(1):

注目が集まるサーバレスコンピューティング。本連載では、その概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを分かりやすく解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けする。第1回は、「サーバレス」の意味と典型的なユースケースに関する部分を掲載する。

()

リクルートライフスタイルが2018年春に開始:

飲食店向けに経営ダッシュボードを自動生成する「Airメイト」を、リクルートライフスタイルでは4人の開発チームで3カ月のうちに開発したという。このサービスがどのように作られているのかを、同社のサービス責任者が説明した。

()

世界で19番目の発表:

Googleは2018年2月8日、クラウドサービスGoogle Cloud Platform(以下、GCP)で、2019年に大阪GCPリージョンを開設することをブログで明らかにした。東京と同様、3つのゾーンで構成される。

()

寺田佳央氏が分かりやすく説明:

マイクロサービスに関わる人々の間で、「サービスメッシュ」「Istio」への注目が高まっている。これについて、Javaコミュニティーで広く知られる日本マイクロソフトのテクニカルエバンジェリスト、寺田佳央氏がデモを交え、分かりやすく説明した。寺田氏の説明を要約してお届けする。

()

Kubernetesエコシステムに焦点:

Red Hatは2018年1月30日(米国時間)、コンテナエンジン「rkt」やコンテナ用の軽量Linux「Container Linux」で知られるCoreOSの買収で、確定的な合意に達したと発表した。買収額は2億5000万ドル。

()