竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい)

竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい)がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

記事一覧

仕事が「つまんない」ままでいいの?(26):

ワークライフバランスが叫ばれている昨今、残業も大きな問題になっています。しかし、「残業=悪」なのでしょうか。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、エンジニアの「仕事と残業の在り方」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(24):

仕事はやっぱり嫌なもの? そもそも仕事の“楽しさ”って何だろう?――仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「仕事の楽しさ」です。

()

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(18):

ダンナが「移住する」と言いだしても、帯同するパートナーには、見知らぬ土地での子育てや人間関係などの不安があります。NPO法人マミーズ・ネットの中條美奈子さんに、地方へ移住する子育て中の家庭が抱えがちな悩みや解決策について伺いました。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(23):

マイナス感情が強いときは、なかなか肯定的に考えられないものです。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「『物事の捉え方』を肯定的に変える方法」です。「物事の捉え方」はちょっとした習慣で変えられます。

()

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(17):

仕事、家族、家、地域との関わり……移住にはさまざまな課題や心配事があります。エンジニアのU&Iターン事情をお届けする本連載、今回はこれまでのキャリアを捨てる覚悟で長野へ移住、転職、独立したITコンサルタントにインタビューしました。

()

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(16):

「いざ! 移住」となっても「仕事はどうする?」「地域になじめる?」など、さまざまな不安が発生します……ITエンジニアのU&Iターンの理想と現実をお届けするこの連載。今回は、新潟編。田舎にUターンしてエンジニアになった筆者の実体験をセキララにつづります。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(22):

仕事をしていると、ストレスを抱えることがあります。「死にたい」と思うほど仕事のストレスを抱えたときは、どうすればいいのでしょうか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「過度なストレスを抱えたとき、どうする?」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(21):

もしあなたが、生涯「職人エンジニア」として働きたいなら、他の「職人」の特徴を取り入れてみるといいかもしれません。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「『職人エンジニア』として働くためのキャリアデザイン」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(20):

本当にやりたかった仕事はこれなのか――アラフォー世代にとって、管理職への打診はキャリアの迷いの始まりです。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「アラフォー世代のキャリアチェンジ」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(19):

「一流のスポーツ選手ほど大きなプレッシャーと戦っている」――これはエンジニアにもいえること。あなたはプレッシャーを抱えたとき、どのように心を整えていますか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「心の整理術」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(17):

35歳は人生の中盤。仕事のキャリアやこれからの生き方に悩む時期です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「35歳からの仕事と生き方」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(14):

自慢げで嫌みっぽい上司の一言に「イラッ!」としたことはありませんか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、イライラしたときの「乱れた心」の整え方です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(13):

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、1月は年間目標を立てるのに最適な時期です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回は、成果につなげる「一年の計」の立て方のポイントをお話しします。※ワークシート付き

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(12):

学生時代、夢中になったことはありますか?それを仕事に生かせたら、今より楽しく感じられるかもしれません。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「夢中を仕事に生かす」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(10):

「仕事とやりがい」……これは、多くの人が抱えているテーマです。やりがいとは? どのようにしたら「出てくる」の? そのヒントは、「信念の構造図」にありました。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「やりがい」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(9):

あなたは「会社を辞めたい」と思ったことがありますか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「転職で問題解決できるか」です。勢いに任せて退職する前に「問題の本質」を見極めると、モヤモヤした頭の中が整理され、解決の糸口が見えてきます。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(8):

充実した気持ちで働くためには、仕事量や心の状態などをうまくコントロールすることが大切です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「仕事を断る」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(7):

同じ環境で働いているのに、仕事がつまらない人もいれば楽しい人もいる――仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回は、仕事の楽しさに違いが生まれる理由と、「つまらない」を「楽しい!」に変えていく対処法についてお話しします。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(5):

ゴールデンウイークが終わったころにはじまる五月病。あなたは“ゆううつ”な気分ではありませんか? 五月病はちょっとした「“こころ”と体のメンテナンス」で乗り越えられます。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載、今回のテーマは「五月病」です。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(4):

仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回は「仕事がつまんない」と感じたときに、モヤモヤを晴らし、気持ちを切り替える方法を考えます。仕事がつまんない、面白くない……こんな気持ちを抱いたことはありませんか?

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(3):

仕事でモヤモヤを抱えていたり、次の一歩がなかなか踏み出せなかったりしたときのヒントをお届けする本連載。今回は「くれない病」にかかったときの処方箋です。本当は「○○してほしい」のに、会社が、上司が、同僚が「○○してくれない」のはなぜでしょう。

()

仕事が「つまんない」ままでいいの?(2):

仕事の中でモヤモヤを抱えていたり、次の一歩がなかなか踏み出せなかったりしたときのヒントをお届けする本連載、第2回のテーマは「勉強会」です。「楽しいといえば楽しいけれど、最近は何となく参加している……」。もしあなたが「次の刺激が欲しい!」と思っているのなら、今必要なのは勉強会ではないかもしれません。

()

ボクの不安が「働く力」に変わるとき・最終回:

私たちが仕事をする理由……それは、多くの人が毎日の生活のためだと思います。ただ、そんな中にも小さな楽しさがあり、それを継続するだけで同じ仕事でもがらりと見え方が変わってくるのです。

()

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:

中小企業にとってメンタルヘルス対策は難しい問題。では、メンタル的なダメージを受けてしまった「結果」ではなく「原因」のほうに視点を切り替えてみるのはどうでしょうか。

()

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:

知人の会社で、上司が急に退職することになりました。理由を聞くと、どうやら会社が導入したコーチングプログラムが原因のよう。社員の能力開発を促す評価法を導入したはずが、なぜでしょう……?

()

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:

「で、結局何が言いたいの?」……このように言われたこと、ありませんか。あなたは説明が下手なのではありません。会話の流れが間違っていただけなのです。

()

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:

同僚や部下など、周りの人を前向きに導くために「褒めて育てる」はとても大切です。しかし、1つ大きな欠陥があるのです。それは……?

()

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:

誰とでもいい「コミュニケーション」を取るのは難しいと思う人も多いと思います。しかしあるステップを踏めば意外とシンプルに解決していい関係を築いていけるのです。

()

人生はサーフィンのように:

ネガティブな言葉ばかり口にしていれば思考がネガティブになるし、ポジティブな言葉を選んでいけば次第にポジティブになっていく。ポジティブシンキングではよくそう言われますが、本当にそうなのでしょうか?

()

人生はサーフィンのように:

自ら立ちあげたプロジェクトなのに、まったくやるべきことをやろうとしない同僚。彼はなぜ、行動しないのでしょうか?

()

人生はサーフィンのように:

「いつもやる気が出ない」とお嘆きのあなた、“無限ループ”に陥っていませんか?

()

人生はサーフィンのように:

大きな目標を達成したあとに突然やってくる虚脱感。何もしたくない、やる気がどうしても出てこない……こんなときはどのように過ごせばよいのでしょうか。

()

人生はサーフィンのように:

「あ〜、面倒くさい!」そう感じたらチャンス! あなたの「面倒くさい」の活用方法教えます。

()

人生はサーフィンのように:

「自分の実力なら、この辺りは確実だろう」「今の自分には、これぐらいが妥当だ」――あなたは知らず知らずに、実現可能性の呪縛で自分の可能性をせばめていないだろうか?

()