かわさきしんじ

かわさきしんじがアイティメディアで執筆した記事一覧です。

記事一覧

Dev Basics/Keyword:

Avaloniaは、クロスプラットフォームで動作するXAMLベースのUIフレームワーク。Windows、macOS、Linux、iOS、Androidをサポートする。

()

特集: Visual Studio 2017で始めるAzure Functions開発:

Azure Functionsアプリで、バインディングを設定することで、さまざまなサービスを関数に結び付ける方法を見ていこう。

()

Dev Basics/Keyword:

C# 7.1は、C# 7に非同期Mainメソッド、defaultリテラル、タプルの要素名の推測など、若干の機能が追加された「ポイントリリース」。

()

特集:TypeScript 2.0概説:

着々と進化を続けるTypeScript。バージョン2.2〜2.5までに、この言語がどのような進化を遂げたのかをざっくりと見てみよう。

()

Dev Basics/Keyword:

C#インタラクティブを使うと、Visual Studioあるいはコマンドプロンプトなどで、C#コードを対話的に入力、実行できるようになる。

()

特集:C#正規表現チートシート:

C#には正規表現を利用するためのRegexクラスが標準で用意されている。Regexクラスが提供するメソッドで正規表現を使用するための基本をまずは見てみよう。

()

Dev Basics/Keyword:

JShellはJDK 9で導入されたJava用のREPL環境。Javaで書かれた「スニペット」を対話的に入力していくことで、その評価結果を即座に知ることができる。

()

特集: Visual Studio 2017で始めるAzure Functions開発:

Azure Functionsはインフラ管理不要で、小規模なプログラムコードを実行するための仕組みだ。Visual Studioでその開発を行うための基本的な手順を見てみよう。

()

Dev Basics/Keyword:

News Search APIを使用すると、Bingを利用したニュース記事の検索をとても簡単に行える。ニュース検索機能を提供したい場合には便利に使える。

()

特集:Visual Studio Codeを使いこなせ:

VS Codeは「ワークベンチ」と呼ばれるGUI要素を細かな部分までカスタマイズできる。これを行う方法と各種設定項目を見てみよう。

()

Dev Basics/Keyword:

ダウンディテクターは、通信プロバイダーや自分がよく使うWebサービスなどがダウンしているかどうかをリアルタイムで監視してくれるサービスだ。

()

Dev Basics/Keyword:

LINQPadはC#などで書いたコードの動作確認に利用できる軽量なアプリ。LINQを使うコードでも使わないコードでも動作確認でき、使い勝手がよい。

()

Dev Basics/Keyword:

globパターンを利用すると、「*」「?」「[]」などのワイルドカードや文字クラスを組み合わせて、多数のファイルパスをまとめて表記できる。

()

特集:Microsoftテクノロジーの現在と未来:

XAMLはさまざまなプラットフォームでUIを記述するのに使われ、さまざまな方言を生み出してきた。これを統一しようというのが、XAML Standardが目指すところだ。

()

特集:Visual Studio Codeを使いこなそう!:

Visual Studio Codeは多くの部分をユーザーが自由に設定できる。その基本と、IDEを中心とした設定項目を取り上げる。Visual Studio Codeを自分色に染めてみよう!

()

Dev Basics/Keyword:

WebAssemblyは、C/C++などで書かれたコードをWebページでも利用できるようにすることを念頭に置いたバイナリフォーマット。

()

特集:Visual Studioで始めるPythonプログラミング:

[Python 開発]ワークロードのインストール方法、[Python 環境]ウィンドウ、[Interactive]ウィンドウ、ソリューションエクスプローラーの構成などを説明する。

()

Dev Basics/Keyword:

RiderはJetBrainsが提供するクロスプラットフォームな.NET用の統合開発環境(IDE)。Windowsのみならず、macOSやLinuxでもさまざまなアプリの開発を快適に行える。

()

Dev Basics/Keyword:

Autosuggest APIは、与えた検索クエリを基に関連する検索クエリを提案してくれる。このAPIを使うことで、自サイトにおけるユーザーの検索体験を向上させられる。

()

特集:マイクロソフトテクノロジーの現在と未来:

.NET Standardは、さまざまな.NET開発/実行環境でのAPIの統一と互換性向上を狙ったもの。その概要と実際の使用例を見てみよう。

()

Dev Basics/Keyword:

Brainfuckは8種類の命令とバイト配列、バイト配列を参照するポインターで構成される極めてシンプルなプログラミング言語。コードの可読性は著しく低い。

()

Dev Basics/Keyword:

Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える。

()

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:

バグはどうやってつぶせばいいのか? 完成したアプリケーションはどうやってリリースすればいいのか? VS 2017入門の最終回。

()

Dev Basics/Keyword:

Emotion APIは、画像ファイルや動画ファイルを渡すだけで、そこに映っている人がどんな感情を持っているかを簡単に判定してくれる。

()

Dev Basics/Keyword:

Azure Functionsを使うと、トリガーとバインドを利用することで、シンプルでありながら、多様なサービスと接続可能なアプリを開発することが可能となる。

()

Dev Basics/Keyword:

Haskellは静的型付け、型推測、並行性、遅延評価といった特徴を持ち、強力なリスト操作機能やパターンマッチ機構などをサポートする純粋関数型プログラミング言語。

()

Dev Basics/Keyword:

Face APIはマイクロソフトのCognitive Servicesに含まれるAPIの1つで、顔検出/画像のグループ化/人物の特定などの機能を提供する。

()

Dev Basics/Keyword:

WebExtensionsは、Mozillaが開発を進めているブラウザ拡張機能用API。Chrome用のAPIとの互換性を持っているため、さまざまなブラウザで動作する拡張機能を作成できる。

()

Dev Basics/Keyword:

Computer Vision APIを使用すると、マイクロソフトが提供する画像処理アルゴリズムを使って、APIに渡した画像ファイルの解析を行い、さまざまな情報をそこから得られる。

()

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:

.NETのWindowsアプリ開発を学びたいが、何から手を付ければよいのか? そんなときは、こんなアプリ開発から始めてみよう!

()

Dev Basics/Keyword:

Text Analytics APIは、入力されたテキストを基にそれがどの言語で書かれたものか、肯定的か否定的か、テキストに含まれるキーフレーズなどを取り出してくれるWeb API。

()

Dev Basics/Keyword:

Bing Image Search APIは、Bingが提供する画像検索機能と同様な機能をAPI化したもので、画像検索機能をユーザーに提供するなどの目的で使える。

()

Dev Basics/Keyword:

Translator Text APIはマイクロソフトが提供するクラウドベースの機械翻訳APIであり、さまざまな言語で書かれたテキストをさまざまな言語に翻訳してくれる。

()

Dev Basics/Keyword:

Translate APIは、グーグルが提供するREST形式の翻訳API。APIに渡した文字列がどの言語で記述されたものかを検出したり、翻訳したりできる。

()

Dev Basics/Keyword:

Google Cloud Vision APIはグーグルが提供する画像分析サービス。画像に何が含まれているかや、文字認識など、高度な画像分析をREST API経由で簡単に行える。

()

Dev Basics/Keyword:

Microsoft Small Basicは学習を目的としてマイクロソフトが提供しているBASICの処理系。シンプルな言語仕様、習得が容易、簡潔な記述がその特徴といえる。

()

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:

開発環境Visual Studio 2017を使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!

()

Dev Basics/Keyword:

二分探索は、ソート済みのデータ列の中から特定の要素を探索するアルゴリズム。全ての要素を順に検索する線形探索よりも高速に探索を行える。

()