ITmedia エンタープライズ

つい口に出る「微妙」な日本語

news046.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第15回 「全然オッケーです」――いいのか悪いのか!

全然+肯定の表現は、ビジネスの現場にも着実に浸透しつつあります。必ずしも間違った言い回しとは限らないようなのですが、まだまだなじめない人々も多いので、控えましょう。(04/22)


news032.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第14回 「正直ベースで」――普段はウソベース?

「正直ベースで」「技術ドリブン」「顧客オリエンテッド」など、日本語とカタカナ語を中途半端に融合させたようなフレーズも頻繁に耳にします。「正直ベース」って、ビジネスの現場では正直でいてくれなきゃ困るんですが……。(04/18)


news029.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第13回 「いって来い」――隠語はほどほどに

親も学校の先生も教えないし、辞書にも載ってないのに、会社に入るとみんな使っている不思議な隠語というものがあります。さらに、一歩会社を出て異業種の人と話すと、それがまるで通じないことも。仲間内の言葉は仲間だけで使うようにしましょう。(04/15)


news028.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第12回 「オファーが入りまして……」――日本語でしゃべってくれ!

何でもかんでも、不必要に横文字を使う人が増殖中です(とりわけIT、コンサル業界などに多い?)しゃべってる本人は気持ちよさそうですが、聞かされる側はちんぷんかんぷん。また、理解できてもあまり快く思われないケースもあります。(04/11)


news071.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第11回 「なるはやでやります」――何もかも略さなくても……

「なるべく早く」が「なるはや」、「ダメでもともと」が「だめもと」。略すほど長い言葉でもないのになぜか省略表現を好むのもサラリーマンの不思議。普通にしゃべってくれ!(04/08)


news044.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第10回 「それから……それから……」――いつまで続くの?

ある事柄に別の事柄を付加する接続詞「それから」。会議や商談の場でも、とりとめもなく永遠に付加し続けそうな勢いで「それから」連発する人もいるから困ってしまいます。(04/03)


news011.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第9回 「えーっと……えーっと……」――ちゃんと準備してこい!

言いたくて言っているわけではないのでしょうが「えーっと」「あー」「うー」「まあ、その」などが多いプレゼンは、大変に聞き苦しいものです。プレゼンの下手さは、報告される内容そのものの評価につながりかねません。ご注意。(04/01)


news036.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第8回 「オレの若い頃は」――過去はどうでもいいの!

自分のノスタルジーに相手を引き込むきっかけとなる決まり文句。これが出てくると、聞かされるほうは心底うんざりさせられます。ご立派な過去のことはもういいから、現在の話をしましょうよ。(03/27)


news046.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第7回 「させていただく」――誰に「させていただいてる」のか?

謙譲を表す「させていただく」。へりくだった、丁寧な言い回しですが、あまり何もかもにつけられると、かえって「腰の低い人」という感じが消えうせてしまうのはなぜでしょう?(03/25)


news046.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第6回 「バタバタしてまして」――だから何なんだ!

「パタパタ」でも「ガタガタ」でもなく「バタバタ」。具体的な定義のある言葉ではなく、単にととっ散らかっていることを表すオノマトペ(擬態語)ですが、忙しいフリをするのが大好きなビジネスマンが、実によく」使うフレーズです。(03/21)


news029.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第5回 「誰が悪いとは言わんが」――いや、言ってます!

大勢に向かって、「誰が悪いとは言わないが」と前置きして説教をぶつ。特定の人を責めているわけじゃないと強調すればするほどかえって、誰かのことが念頭にあるのだと強調しているようなもので、あまり、いいしかり方とは言えません。(03/18)


news028.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第4回 「どっちでもいいけど」――よくないくせに!

言いたいことを言っておいて価値判断を留保するポーズを取る「どっちでもいいけど」。本当にどっちでもいいとは思ってないのは明らかで、ただ後味の悪い言い回しです。(03/13)


news024.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第3回 「〜と思われます」──誰が思うのか?

「(自然と)思われる」というニュアンスを示すこの言葉。でも、思ってるのはあなただけではないの?(03/11)


news040.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第2回 「ちょっと……」 ──ちょっと何なのだ!

ビジネスマンの会話でも何かと使われる機会が多い「ちょっと」ですが、「数量が少しであること」という元の意味を超えた言い回しになっているようです。特に単独で使われるとほとんど意味不明。ちょっと何なの?(03/06)


news001.jpg
つい口に出る「微妙」な日本語:

第1回 「一応やりました」――きちんとやってから持って来い!

【一応】……「ひと通りやった」を意味する言い回し。「完全は保障しないけど」というエクスキューズのニュアンスが濃厚。(03/04)


Special

誠Focus