ニュース

news106.jpg

IBMが東京のセキュリティ監視センターで観測した脅威動向によれば、脆弱性発覚から攻撃までの期間が短くなり、対応に要するスピード感が重要になっている。(8月27日 16時33分)

news095.gif

従来製品をSDN対応させた「SDN Ready」機や「オーバレイ」方式対応ソフトを新たに展開し、SDN担当技術・営業者も2倍以上に増やす。(8月27日 15時21分)

news072.jpg

ハイヤー配車アプリのUberが、日替わりランチの配達サービス「uberFRESH」をサンタモニカでスタートした。12ドルのヘルシーなランチが注文から約10分で届く。(8月27日 12時32分)

news045.jpg

Hewlett-Packardが、2010年9月〜2012年6月にかけて販売したノートPCの一部のAC電源コードが「お客様に危害をもたらす可能性がある」として無償交換プログラムを開始した。(8月27日 09時50分)

news044.jpg

Instagramがタイムラプス(低速度撮影)動画を撮影できる独立アプリ「Hyperlapse from Instagram」をまずはiOS向けに公開した。独自の安定化技術により、端末を固定せずに(例えば歩きながら)撮影した動画でも手ブレの目立たないコマ落とし動画になる。(動画あり)(8月27日 09時11分)

news011.jpg
情シスの横顔:

大成建設の島田さんにとって、入社10年目に訪れた転機がエンドユーザーの立場でITシステムを考える大きなきっかけになったのだという。(8月27日 08時00分)

news008.jpg
ホワイトペーパー:

茨城県の古河市立古河第五小学校は、「iPad」を中心としたIT活用を進めてきた。同校が授業で活用するIT製品/サービス25種を、元校長である平井 聡一郎氏のコメントを添えて紹介する。(8月27日 08時00分)

news040.jpg

GoogleのWebブラウザ最新版では、危険度最高の1件を含む50件の脆弱性に対処した他、Windows向けではフォント表示が滑らかになり、64ビット版を選択できるようになった。(8月27日 07時59分)

news031.jpg

「ニッポンレンタカー」グループのニッポンレンタカーアーバンネットは、クライアントPCやモバイル端末の導入・活用におけるOS移行や資産管理などの業務を効率化している。(8月27日 07時30分)

news029.jpg

伊藤忠商事は顧客接点を重視する現場主義の推進のため、日本マイクロソフトのOffice 365をはじめとする製品・サービス群やNTTコミュニケーションズのクラウドサービスを導入した。(8月27日 07時30分)

news039.jpg

24歳の容疑者はオンラインゲームで知り合った中国人ハッカーから情報を入手して他人のゲームアカウントへの不正侵入を繰り返していたとされる。(8月27日 07時24分)

news125.jpg

日産自動車の運営する「下取り参考価格シミュレーション」が改ざんされていたことが分かった。(8月26日 18時32分)

news119.jpg

日立製作所が新ブランド「Hitachi Cloud」を発表。プライベートやパブリッククラウドなどをシームレスに利用していくための環境を包括的に提供する。(8月26日 17時54分)

「Oracle Hyperion Financial Management」の短期導入ソリューションを利用して6カ月での短期導入を実現した。(8月26日 15時10分)

情シスの日常を描くWebコミック

ディルバート

ブログ

派生開発、保守開発のレビュー

過去のバージョンのソフトウェア(母体、流用元、コア資産と呼ばれることもあると思います)をもとに拡張、変更をして次のバージョンのソフトウェアを開発することを保守開発(software maintenance)、ソフトウェア進化(software evolution)と呼んでいます。

(8/27)
組織を変えたいともがいているあなたへ、あるいはぐうの音も出ない事実で勝負しろ

僕のオススメは、「成果出しッペ」になる、という戦術だ。

(8/27)
元IBM CEOのJohn F. Akers氏の訃報に触れて

基本的には米国本社のトップという雲の上の人なのですが、今思い出すと確か1992年、当時所属していた、大和エグゼクティブ・ブリーフィング・センター (今は無きIBM大和研究所のA館1階左にありました) にお迎えしたことがありました。

(8/27)
Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。