FEATURES

ベンダーから主導権を取り戻す
経営戦略としてのDX:

DXを「デジタル技術でコスト削減をすること」と誤解する企業と、正しく「デジタル技術によるビジネスの変革」と捉えて成功させる企業の違いは、DXを経営戦略と結びつけているか否かにある。IT開発・運用がビジネス開発・運用と同義になっている今、ベンダーにITの施策を丸投げしていては、ディスラプター(創造的破壊者)による変革を生き残れない。

「戦略的」データマネジメントとは
リスクを回避し、ビジネスを成長させよ

データが組織の資産として認知される中、データ活用に取り組む企業を待ち受けるのが「管理」の問題だ。「データが集約できない」「データの所在が分からない」「仕様がバラバラで連携できない」といった課題に加え、消費者を守るために厳格化する法規制への対応やセキュリティへ体制も求められる。「使う」ためのデータを、戦略としていかに「持つ」べきか。テクノロジーの変遷や直近の事例を通して探る。

新着ニュース

news014.jpg
ベンダーロックインさせないためのインフラ整備とは:

FEATURES

小売店舗で始まった、生き残りをかけたDX
ストアビジネスの変革期:

なぜサブスクリプシ ネットで何でも買える時代に、小売り店舗はどうあるべきか? 人手も投資予算も足りず、IT知識のある人材もいない。あらゆるリソースが不足しているとわれるストアビジネス業界で、システム活用の動きが進み始めている。どの店舗にとっても、デジタルトランスフォーメーション(DX)は遠い世界の夢物語ではない。ョンビジネスはここまで盛り上がったのか、レンタルやリースとの違い、サブスクリプションサービスを支えるプラットフォームビジネスなどから、成功するサブスクリプションの姿や、今後のビジネス変革のヒントを探る。

連載インデックス

ブログ

注目のテーマ