エンタープライズ:トピックス 2002年6月18日更新

米IBM、802.11ネットワーク監視システムを公開

 米IBMリサーチは6月17日、IEEE802.11無線ネットワークの自動監視、およびセキュリティ上の問題点のリアルタイム報告が可能な「自己診断システム」のデモを行った。同社によるとこれは、「業界初」のシステムという。

 この自己診断システム、「Distributed Wireless Security Auditor」(DWSA)はLinuxに対応しており、デスクトップおよびノートPC上で稼働する。無線ネットワークのセキュリティを監視し、バックエンドサーバに毎日24時間、分刻みで報告を送信する。

 同システムでは、不調なアクセスポイントの位置をピンポイントで正確に指摘し、ネットワーク管理者は、迅速に問題解決にあたることができるという。

 IBMでは昨年夏に、今回のシステムの元になった「Wireless Security Auditor」(WSA)を発表している。WSAはLinux搭載の小型ワイヤレスPDAで実行可能だ。IBM Global Servicesは既に、このWSAを含むソフトツール提供サービスを立ち上げている。

関連リンク

▼米IBM(プレスリリース)

[ ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -