エンタープライズ:ニュース 2002/10/04 21:20:00 更新


セキュリティホールなどを修正したApacheの新バージョンが公開

Apacheソフトウェア・ファウンデーションならびにApacheサーバ・プロジェクトは10月4日、Apache 1.3系および2.0系の新バージョンを公開した。

 Apacheソフトウェア・ファウンデーションならびにApacheサーバ・プロジェクトは10月4日、最も広く利用されているWebサーバソフトウェア「Apache」の新バージョンをリリースした。

 公開されたApache 1.3.27には新機能のほか、幾つかのバグフィックスと、3種類のセキュリティホールの修正が含まれている。1.3.27以前のバージョンには、DoS(サービス拒否)攻撃やクロスサイトスクリプティングといった脆弱性があるほか、バンドルされているプログラムには、オーバーフローによるコードの実行を許す問題があるという。

 また2.0系でも、1.3系同様に、セキュリティホールおよびバグを修正した2.0.43が公開されている。

 同ファウンデーション/プロジェクトでは、最新バージョンへの速やかなアップデートを推奨している。

関連リンク
▼Apacheソフトウェア・ファウンデーション

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -