エンタープライズ:ニュース 2002/10/25 22:45:00 更新


理経、米クラナイトの無線LANセキュリティ製品「WirelessWall」を発売

理経は、米クラナイトシステムズが開発し、米国政府が定めるセキュリティ標準「FIPS140-2」を取得した無線LANセキュリティ製品「WirelessWall」の販売を開始した。

 理経は、米クラナイトシステムズが開発した無線LANセキュリティ製品「WirelessWall」の販売を開始した。

 WirelessWallは、ポリシー・サーバ(PS)とワイヤレス・アクセス・コントローラ(WAC)、クライアント用ソフトウェアという3つのコンポーネントから構成される無線LAN向けのセキュリティ製品で、米国政府が定めるセキュリティ標準「FIPS140-2」を取得している。アクセスポイントでの認証と、AES-CBC方式(128bit)によるトラフィックの暗号化により、無線LAN環境を流れるデータを不正アクセスから守る。

 特徴としては、WACを通じてアクセスポイント間のローミングが可能なほか、コネクションごとにユニークなファイアウォールを提供できることが挙げられる。またPSは、既存のディレクトリサーバやRADIUSサーバとの統合・連携が可能だ。なお、クライアント・ソフトウェアは、Windows 2000/XP、Windows 98/MEに対応している。さらにPocketPC 2002およびMacOS Xのサポートを予定しており、現在開発中という。

 理経では、政府機関や大学・研究機関、金融機関、医療機関およびサービスプロバイダー向けに販売していく。価格は個別見積もり(要問い合わせ)で、11月1日より出荷が開始される。

関連リンク
▼理経
▼クラナイトシステムズ

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -